社会貢献活動

戻る

社会貢献活動の基本的考え方

三井住友銀行は、銀行業の高い公共性を認識し、本業での活動を通じて社会の発展へ貢献することが重要と考えます。一方で、日常業務を通じた社会への貢献に加え、豊かな社会を実現するための『良き企業市民』としての活動も欠かせません。
三井住友銀行においては、『良き企業市民』として社会的責任を果たすべく様々な社会貢献活動を行います。

社会貢献活動方針

三井住友銀行は、『良き企業市民』としての役割を認識し、豊かで持続可能な社会の実現を目指し社会貢献活動を行います。
この社会貢献活動を積極的に行うため、銀行で活動を企画・実施するとともに、役職員のボランティア活動も支援します。

社会貢献活動の柱

三井住友銀行は、以下の4つの分野を社会貢献活動の柱としています。

福祉活動

豊かな社会の実現に貢献するための福祉活動を行っています。

  • 書き損じはがきの寄贈
  • 団体献血の実施
  • 福祉団体等販売会の開催
  • 福祉団体宛寄付型自動販売機の設置

など

地域・国際社会支援

地域・国際社会の発展に貢献する活動を行っています。

三井住友銀行ボランティア基金

大規模災害による被災地の復興支援

  • SMBCプロボノプロジェクト
  • TABLE FOR TWOを通じた開発途上国の学校給食事業の支援
  • 海外拠点における取り組み
  • ユニセフ外国コイン募金活動への協力
  • 三井住友銀行国際協力財団
  • SMBC GLOBAL FOUNDATION

など

環境活動

地球環境の保全に貢献する活動を行っています。

SMBC環境プログラムC・C・C富良野自然塾

  • 地域のクリーンアップへの参加
  • こどもエコクラブ全国フェスティバルへの参加

など

文化・芸術・教育支援

文化・芸術・教育の発展に貢献する活動を行っています。

  • チャリティーコンサート「名曲のおもちゃ箱」の開催
  • 営業店でのロビーコンサートの実施
  • 文化芸術事業の支援
  • 次世代に向けた金融経済教育の実施

金融経済教育への取り組み

など

詳細の取り組みは、以下リンクをご覧ください。

三井住友フィナンシャルグループのCSRサイトへ

主な取り組み

SMBCプロボノプロジェクト〜寄付管理支援プログラム〜

SMBCプロボノプロジェクト〜寄付管理支援プログラム〜

SMFGプロボノ(※)プロジェクトは、2011年度より三井住友銀行にて開始し、2014年度からSMBCグループの従業員に参加対象を広げ、社会的課題の解決に取り組むNPOに対する支援を実施しています。具体的には、寄付者が税制上の優遇措置を受けられる認定NPOの取得・維持を目指す団体に対し、寄付金や経費の管理に必要な事務フローの整備、寄付者の情報整理等の業務基盤改善に向けたアドバイス・提案を行ったり、社会的課題の解決や中長期戦略の基礎データとなるマーケティングの調査分析を行ったりしています。

2017年度はSMBCグループ各社の有志従業員11名が2チームに分かれて、支援先NPO団体を対象に、個人寄付者増加のための「マーケティング基礎調査」、および団体の基盤強化を目指し主に経理業務のツール改善につなげる「業務フロー設計」を行いました。

(※)「プロボノ」とは
ラテン語の「公共善のために(Pro Bono Publico)」に由来し、社会人が、営業・企画・開発・マーケティング・広報など業務を通じて培ったスキルや経験を活かし、NPOに不足しがちなビジネスの視点に立って支援を行うボランティア活動です。プロボノを行う人はプロボノワーカーと呼ばれ、ビジネスパーソンによる、自己啓発を兼ねた新しい社会貢献の形として注目されています。

三井住友銀行チャリティーコンサート「名曲のおもちゃ箱」

三井住友銀行チャリティーコンサート「名曲のおもちゃ箱」

エコたわし販売の様子

クラシックから歌曲、ポップスまで、多彩な音楽を詰め込んだコンサート「名曲のおもちゃ箱」を、行内音楽クラブ「合唱団」「室内合奏団」「吹奏楽団」の演奏と、有志従業員の運営ボランティアにより開催し、応募頂いたお客さまを招待しています。
このコンサートは、世界の困難な状況におかれた人々への支援を目的として2006年から毎年開催しており、2011年以降は東日本大震災で被害を受けた東北の子どもたちの支援につながる募金を行いました。2018年度は、会場ロビーにて国連UNHCR協会による、難民の方が使用されている物品が展示されたほか、運営ボランティアの行員による募金呼びかけや、全国の行員から寄せられた手芸品「エコたわし」やグッズ販売が行われました。募金や販売で集まった約41万円は、国連UNHCR協会に寄付され、紛争や迫害により故郷を追われた難民や国内避難民のために役立てられます。

TABLE FOR TWOを通じた開発途上国の学校給食事業の支援

TABLE FOR TWOを通じた開発途上国の学校給食事業の支援

三井住友銀行は「TABLE FOR TWO」の活動趣旨に賛同し、2009年6月に東京・大阪・神戸の本部ビルで開始し、2013年2月からは全国の拠点に導入しました。 「TABLE FOR TWO」とは「二人の食卓=1つの食卓を二人で分かち合う」というコンセプトで、飢餓や栄養不足に苦しむ開発途上国の子どもたちと生活習慣病に悩む先進国の私たち双方が同時に健康になることを目指す取り組みです。当行の社員食堂でヘルシーメニューを購入すると、開発途上国の学校給食1食分の寄付金がNPO法人「TABLE FOR TWO International」を通じて寄付されます。当行での取り組み開始から2018年3月までの寄付総額は、学校給食74万食分となっています。

ユニセフ外国コイン活動への協力

ユニセフ外国コイン活動への協力

当行は、ユニセフ外国コイン募金実行委員会のメンバー企業として、同募金活動の運営に協力しています。集まった募金はSMBCグリーンサービスの協力を得て各国通貨別に仕分けし、ユニセフに送っています。

特徴的な取り組み