企業の社会的責任(CSR)


従業員一人ひとりが、モチベーション高く成長し続けられる職場づくりを目指しています。

三井住友銀行では、従業員一人ひとりが、モチベーション高く成長し続けられる職場づくりを目指しています。

当行では、「お客さま」「株主」「従業員」というステークホルダーとともに発展していくという経営理念の実現を目指し、人事制度の大きな目的を以下の5つとしています。

  1. お客さまに、より高い価値ある商品・サービスを提供できる専門性の高い人材を育成すること
  2. グローバルな競争に勝ち抜くための健全・磐石な経営体質の維持・強化を図ること
  3. 先進性と独創性を重んじ、相互の協力を尊重する企業風土を醸成すること
  4. 当社グループの社会的責任を自覚し、社会の健全な発展に貢献する企業文化を育成すること
  5. ダイバーシティの本質を理解した「個」の重視と自己実現を通じての従業員活力を向上させること

この考えに基づき、三井住友銀行では以下の取り組みを行っています。

専門性の高い人材の育成

専門性の高いプロフェッショナル人材の育成に積極的に取り組んでいます。

自律的なキャリアデザインの支援

従業員の自律的なキャリアデザインをサポートする制度を実施しています。

多様性を強みとする企業風土
(ダイバーシティ推進)

多様な人材が、それぞれの持つ能力や個性をフルに発揮し、思う存分活躍できる環境づくりを目指しています。

健康で豊かな生活の実現

安全で働きやすい環境をつくるとともに、従業員の健康で豊かな生活を実現するために、さまざまな取り組みを行っています。

人権への対応

全従業員の人権啓発に対する意識を高めるための取り組みを行っています。

企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る