企業の社会的責任(CSR)


公募制度の充実

従業員一人ひとりが金融のプロフェッショナルとしての専門性を高めていくためには、従業員が自らの適性・スキルを把握し、自らの意思でその実力を発揮するフィールドを選択できる仕組みが不可欠です。

三井住友銀行では、こうした従業員の自律的なキャリアデザインをサポートする仕組みの一つとして、「研修エントリー」「ジョブエントリー」「ポストエントリー」の3本柱からなる公募制度を実施しています。

研修エントリー キャリア形成に必要な各種研修プログラムへ公募する制度
(例)マネジメント・スクール、海外大学院
ジョブエントリー 自律的なキャリア開発にチャレンジできるよう、希望するジョブ(職務)へ公募する制度
(例)各部門の本部企画スタッフ、投資銀行業務など
ポストエントリー 意欲と能力ある人材にマネジメントポスト(部店長、課長など)にチャレンジする機会を提供するための公募制度

SMBCジョブフォーラム

三井住友銀行では、毎年「ジョブエントリー」の公募に先立ち、ジョブ(職務)を募集している70近くの部署が、公募に関心のある従業員に向けて、仕事内容を紹介・アピールする「SMBCジョブフォーラム」を開催しています。各部がセミナー形式で業務内容を紹介した後、ブースに分かれてより具体的なプロジェクト例の紹介や質疑応答を行います。従業員が銀行内のさまざまなセクションの職務内容をより具体的に理解し、公募への関心度を高めると同時に、公募を通じてキャリア形成を主体的に考える機会となっています。

2014年度は、東西で延べ900人の若手・中堅従業員が参加しました。

SMBCジョブフォーラム

階層別研修

三井住友銀行では、管理職も含め、長期にキャリアを展望する研修体系を整備・拡充し、実施しています。これは従業員一人ひとりがその可能性を最大限に活かし、自律的なキャリア形成を図ることを目的としています。


自己啓発サポート

資格取得支援制度、資格取得対策講座の開催など、広く従業員の自己啓発をサポートしています。また、インターネット上に自己啓発サポートサイト(SMBC Academy)を設置し、eラーニングやビデオライブラリの視聴など、キャリアアップのための各種ツールを提供しています。

自己啓発サポート

企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る