企業の社会的責任(CSR)


銀行業務における環境リスクには、融資先や融資する事業が環境汚染等を引き起こすリスクのほか、担保不動産の土壌汚染リスクやアスベストリスクなどがあります。


与信業務における環境社会リスク対応

三井住友銀行では、与信判断を行う中で、環境リスクの視点も織り込むことが重要であると考え、経営理念、行動規範を踏まえ与信業務の普遍的かつ基本的な理念・指針・規範等を明示した「クレジットポリシー」の中で、与信環境リスクを明記し、環境に著しく悪影響を与える懸念のある融資等は行わないことを謳っています。

土壌汚染・アスベストリスクへの対応

三井住友銀行では、担保不動産の土壌汚染リスクに対応するため、一定の条件を満たすものについては、土壌汚染リスクの評価を義務付けており、リスクが高いと判断された担保物件については当該リスクを評価額から控除しています。また、アスベストリスクについても同様に、担保物件にアスベストリスクの懸念がある場合には、一定条件のもと評価額から控除、取引先にも調査実施を勧奨しています。なお、三井住友銀行店舗のアスベストリスクについても調査および適切な除去工事を行っています。

クレジットポリシーで定める与信を禁止する資金使途

クレジットポリシーの中では、クラスター弾や殺戮兵器の製造について、与信を禁止する資金使途として明記しています。その他、公序良俗に反する事業資金や、絶滅危惧種の生息地や原生林・熱帯林を大きく破壊する恐れがあるが、適切な環境影響評価や、環境管理計画の策定が行われていない大規模な開発・建設事業など、環境に著しく悪影響を与える懸念がある事業資金に対しても与信を禁止しています。


大規模なプロジェクト向け融資における環境評価体制

大規模なプロジェクトは環境・社会に多大な影響を与える可能性があります。プロジェクトを資金面で支援する金融機関もその融資実行に際し、環境・社会への影響を十分検討することが国際社会から求められています。三井住友銀行は、大規模なプロジェクト向け融資における民間金融機関の環境・社会への配慮基準である「エクエーター原則」を採択し、国際環境室において環境社会リスク評価を行っています。
エクエーター原則は、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)が制定する環境社会配慮に関する基準・ガイドラインを適用しており、その内容は、環境社会影響評価の実施プロセスや公害防止、地域コミュニティへの配慮、自然環境への配慮など多岐にわたっています。

エクエーター原則および当行の環境リスク評価についてはこちらをご覧ください。


企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る