企業の社会的責任(CSR)


家族と行う東日本大震災被災地支援ボランティア活動を実施しました

8月22〜23日の1泊2日で一般社団法人OPEN JAPANと、8月23日の日帰りでNPO法人わたりグリーンベルトプロジェクトと連携して「家族と行う被災地支援ボランティア活動」を実施し、 三井住友フィナンシャルグループ各社より計20組45名(うちお子さま8名)が参加しました。
1泊2日チームの1日目は、宮城県名取市の閖上地区や石巻市北上の仮設住宅を訪問、2日目は金華山でのボランティア活動が荒天中止となったため、福島県相馬市で水産加工の復興状況を視察後、亘理町での日帰りチームに合流しました。
日帰りチームでは、津波被害を受けた宮城県亘理郡山元町の沿岸部を視察後、わたりグリーンベルトが運営する苗畑にて、新たな防潮林となる木々の育苗作業を行いました。
参加者からは「現地で話を聞き、自分の目で見ることで、現在も続く被災地の苦しみがより胸に沁みた」等の声が寄せられました。


企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る