企業の社会的責任(CSR)


「ツール・ド・東北 2015」に協賛しました

9月13日、三井住友銀行は同日開催された「ツール・ド・東北2015」に、ゴールドパートナーとして協賛しました。この催しは、順位やタイムを競わず、自転車で東日本大震災の被災地を巡ることで、参加者に現状を体感してもらい東北の再興につなげようとするイベントで、当行は2013年の第1回大会から協賛をしています。当日は、多くの当行従業員やキャロライン・ケネディ駐日米国大使をはじめ約3,500人が参加、60キロから211キロに分かれた5つのコースを自転車で走り、多くの地元の方から声援を頂きました。


企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る