企業の社会的責任(CSR)


第11回三井住友銀行チャリティーコンサート「名曲のおもちゃ箱」を開催しました

5月15日、今年で11回目となる三井住友銀行主催のチャリティーコンサート「名曲のおもちゃ箱」を、紀尾井ホール(東京)で開催しました。
三井住友銀行 経営企画部 CSR室長による主催者挨拶に続き、チャリティー募金先である国連UNHCR協会()の滝澤理事長より、紛争や迫害により難民や国内避難民となった人々への支援について呼び掛けがありました。
演奏は、行内クラブである合唱団、室内合奏団、吹奏楽団が、それぞれ「Dein Herzlein mild(お前のやさしい心)」「弦楽セレナーデ」「聖者の行進」などの楽曲を熱演し、抽選でご招待した616名のお客さまより大きな拍手をいただきました。
また、エンディングの震災復興ソング「花は咲く」では、三井住友銀行のボランティアスタッフYUIが手話で参加。お客さまも一緒に歌われるなど、会場は大きな一体感で包まれました。
当日は、会場ロビーにてUNHCRによる難民の保護・支援活動が写真展示されたほか、運営ボランティアの行員による募金呼びかけや、全国の行員から寄せられた手芸品「エコたわし」の販売が行われ、募金や売上げで集まった約38万円は、国連UNHCR協会に全額寄付されました。

国連UNHCR協会・・・国連の難民支援機関である難民高等弁務官事務所(UNHCR)の日本における公式支援窓口として2000年に設立された団体。


企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る