企業の社会的責任(CSR)


第1回熊本地震の被災地支援ボランティア活動を実施しました

6月25日〜26日、熊本での1回目の被災地支援ボランティア活動を実施し、三井住友銀行などSMFGグループ各社から2日間合計で38名が参加しました。
東北復興で連携している一般社団法人OPEN JAPANと行った2日間の活動では、熊本県南阿蘇村の東海大学寮など倒壊家屋からの貴重品・家財運搬等をお手伝いしました。
参加者からは「復旧が進んでいない現状を目の当たりにして、このような企業の活動が更に必要だと感じた」「自らも被災したが、微力ながら熊本の復興に役立ちたい」等の声が寄せられました。
三井住友銀行では、今後もさまざまな形で熊本の被災地を応援してまいります。


企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る