企業の社会的責任(CSR)


家族と行う東日本大震災の被災地支援ボランティア活動を実施しました

8月20日、「家族と行う東日本大震災の被災地支援ボランティア」を実施し、SMFGグループ各社から従業員23名とその家族7名が参加しました。
当日は、津波で甚大な被害を受けた宮城県亘理郡山元町を、語り部の方に案内頂いた後、NPO法人わたりグリーンベルトプロジェクトと連携し、亘理町の方々との昼食交流会や、5年目となる防潮林再生に向けた育苗作業を行いました。
参加者からは、「初めて被災地を訪れ、地元の方の話を聞いたり育苗のお手伝いをしたりして、親子とも感じることが多かった。今後も、永く続けるべきだ。」などの声を頂きました。
SMFGでは、今後もさまざまな形で東北の復興を応援してまいります。

地元の方々との昼食交流会

ボランティア参加者

育苗作業の様子


企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る