企業の社会的責任(CSR)


ボランティアスタッフyui(ゆい)のコーナー

ここでは、ボランティアスタッフyuiのメンバーによる活動記録を紹介します。

高齢者在宅サービスセンター歌謡大会を開催しました

平成18年2月25日(土)、東京都千代田区で行われたYUI主催による第5回高齢者在宅サービスセンター歌謡大会に、ピアノ伴奏で参加しました。サービスセンターに通われている約40名の高齢者の方によるなつメロ・童謡等、10曲の伴奏の他、余興として参加されたセンター職員の「マツケンサンバII」の伴奏、当行合唱団・有志社員のサックス奏者とのジョイント演奏等、盛りだくさんのプログラムで、うまく合わせられるか不安もありましたが、全員の協力で非常に盛り上がりました。また、舞台で楽しそうに歌っておられたり、自分の席で他の方の歌を聴きながら一緒に口ずさんでいらした高齢者の皆さんの明るい表情がとても印象的で、あらためて音楽の持つ力を感じ、趣味としてピアノを続けてきたことを嬉しく思いました。
〜三井住友銀行合唱団より〜
合唱団も、初めて歌謡大会に参加させていただきました。私たちの歌を楽しそうに聞いてくださる高齢者の皆さんを拝見できて、感激しました。演奏会とは違った貴重な体験でした。

春をよぶみんなのコンサートの運営に協力しました

平成18年2月25日(土)、大阪府守口市にて「春をよぶみんなのコンサート」が行われ、yuiが運営ボランティアとして協力しました。養護学校や作業所に通っている知的障害者の方が主人公で、「六甲おろし」から「マツケンサンバII」まで日頃の練習の成果を存分に発揮されました。子供から大人、年配の方までさまざまな方が演奏していましたが、中でも小学生くらいの女の子とおじいちゃんが仮装し、笑顔で一生懸命歌っている姿が心に残りました。また、ある作業所長さんが「お子さんが知的障害を持って生まれてきたらどうしますか?彼らに関心を持って欲しいです。」とおっしゃっていたのが印象に残りました。コンサート自体は明るく楽しく、若い先生、施設職員、ボランティアが非常に前向きで、私も何度も大笑いをするほど楽しく、元気を貰いました。

知的障害児施設のクリスマスパーティーの開催をお手伝いしました

平成17年12月24日(土)、知的障害児施設で開催されたクリスマスパーティーの運営をお手伝いしました。yuiは模擬店で、ハンバーガーや豚汁、じゃがバターの販売を受け持ちました。このほかにも、お汁粉やたこウィンナー・おにぎり・焼肉・野菜鍋等々、たくさんの模擬店が出て大盛況。途中では雪がちらつき、クリスマスの気分がとても盛り上がりました。クリスマス会はお昼でお開きとなりましたが、その後も子どもたちとおしゃべりをしたり遊んだりと充実した時をすごし、私たちにとっても楽しい思い出の1日となりました。

耳の不自由な子どものたちのためのパソコン教室を開催しました

平成 17年12月10日(土)、東京都豊島区の都立大塚ろう学校で、恒例のパソコン教室「レッツ・プレイ・パソコン」を開催しました。まずは自己紹介として『お名前は?』とパソコン画面に表示しながら、コミュニケーションを始めました。小学生の子どもはまだ入力作業が苦手な様子で、『算数はすき?』とパソコン画面に表示すると、返事は手話でかえってきました。私は手話が分からないので困っていると、手話のできる他のyuiメンバーが「『やりたい、お願いします』という意味の手話よ。」と教えてくれたので安心し、すぐに仲良くなることができました。午後は中学生を担当し、チャットやしりとりを楽しみました。パソコンを通じて、こんなに盛り上がることができるんだ、と感動し、暖かい気持ちになりました。

社員提供の日用品を販売するチャリティーバザーを開催しました

平成 17年11月27日(日)、恒例のチャリティーバザーを、今年は尼崎中央公園にて開催しました。社員より新品の日用品が沢山提供されたので「これなんぼ?」と、yuiのブースは開店前から人だかりで、わずか4時間余りで完売してしまいました。売上は、毎年2月に行われる「知的障害者の方によるコンサート」の運営に全額寄付いたします。

須磨ビーチクリーンアップに参加しました

平成 17年9月18日(日)、社員と家族約20名が参加しました。当日は穏やかで爽やかな天候の下、清掃活動を行うとともに仲間との親睦を深めました。子どもと一緒でも気軽に参加できるため、毎年環境について考える良い機会となっています。

知的障害児施設夏祭りの運営をお手伝いしました

平成 17年8月20日(土)、東京都多摩市にある知的障害児施設の夏祭りが施設近くの公園にて行われました。yuiも運営ボランティアとして参加し、飾り付けや模擬店の販売、利用者さんのエスコート、後片付けを行いました。準備だけで汗だくになりましたが、本番の夏祭りでは盆踊り・バンド演奏など大いに盛り上がり、利用者さんの楽しそうにしている笑顔にかこまれ、楽しいひと時を過ごしました。利用者さんから元気をもらった一日でした。

里山保全運動に参加しました

平成 17年6月26日(日)、雑木林整備活動に参加しました。慣れないナタやノコギリを持っての作業でしたが、町の水道の水源ともなっている森林の保全・育林のため、山峡から吹きあがってくる自然の涼風と主催者の方の慰労の声に励まされ、暑さも忘れる思いで6時間に亘る作業を行いました。また、季節柄、登山道の脇で赤く熟した山ももを拾うなど、この夏を彩る思い出の一日になりました。

耳の不自由な子どもたちのためのパソコン教室を開催しました

平成17年6月18日(土)、東京都立大塚ろう学校の教室で、小中学生を対象にパソコン教室を開催しました。今回で7回目を迎えたこの企画は平成14年にスタートしました。当初は「授業のない土曜日に学校を開放し、子どもたちが社会の人たちと触れ合う時間を与えたい」という同校校長先生のご希望から、yuiで何かお手伝いできる事はないかと考え、その結果、「耳の不自由な子どもたちがパソコンを自在に使えるようになれば、コミュニケーションの機会が増えるのでは」と、パソコン教室を始めました。当日は子どもたちと、ボランティアスタッフとで、ワープロ機能を利用した自己紹介や、インターネットの検索エンジンを活用し、子どもたちの興味のあるものについて調べてみたり、ゲームをしたりと、楽しい時間を過ごしました。今回の新企画として、高学年の子どもたちとおもちゃの紙幣等を使い「銀行ごっこ」も開催しました。手話や筆談、ボディーランゲージ等悪戦苦闘しつつ、一生懸命教えているつもりでしたが、終わったときには子どもたちの真剣な表情や輝いている笑顔に、たくさんのパワーを貰ったように感じました。

須磨ビーチクリーンアップに参加しました

平成17年4月24日(日)、兵庫県の須磨海水浴場にて「ビーチクリーンアップ in 須磨」が開催されました。当日は晴天に恵まれ、企業の社員や地域市民などのボランティアが千人以上集まり、yuiも参加しました。活動がスタートすると海岸一面に人の波ができ、1時間余りでみるみるうちにきれいな砂浜に変わりました。集めたゴミは全体で500kg。その後、グループ毎に100項目に分類してデータカードを作成しました。上位を占めたのは、タバコのフィルター、加工された木片、ガラスの破片、飲料缶、紙片などで、環境ホルモン溶出が問題視されるレンジペレットも回収され、改めて海洋汚染の深刻さを痛感させられました。



企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る