企業の社会的責任(CSR)


CCFアクションプラン 2014年度実績

  2014年度の主な実績
リテール(個人)部門
  • エリア制移行に伴うコンプライアンス態勢の強化
    • 円滑な法個一体運営に向けた態勢整備
      (優越的地位の濫用防止・金融円滑化への取組)
    • コンプライアンス上の留意点の徹底
      (各種勉強会等の実施・指導体制の強化)
  • 将来ビジョン実現に向けた部門重点施策への対応
    • 間口拡大・ストック増強に向けた取組への対応(予兆管理の強化・業務効率化)
    • 銀証リテール一体化への対応
      (乗換え取引等のモニタリング態勢強化、ファイアーウォール規制等の法令遵守徹底)
  • 金融規制・環境変化への対応
    • 金融規制への迅速、且つ適切な対応
      (反社会的勢力との取引の水際排除・取引時確認の徹底)
    • 社会的要請を踏まえた顧客保護等管理態勢の強化
  • CS向上への取組強化
    • 中期業務計画の施策実施によるCS向上効果の検証
    • 「地域No.1」を目指し、地域に支持される取組の実施
ホールセール(法人・企業金融)部門
  • 社会的要請への適応
    • 反社排除・マネロン対応に係る取組を徹底
    • 情報管理の徹底について重点指導実施
    • 金融円滑化対応・事後フォロー等を継続
  • 業務推進面におけるコンプライアンス定着
    • 「優越的地位基準」の新規制定を踏まえ、優越的地位濫用防止・適正営業を徹底
    • 銀証・銀信連携上の留意点を研修・勉強会・統括COの指導等を通じて徹底強化
    • 各種業務施策の留意点を徹底
  • 自律的コンプライアンス態勢の整備
    • 国内業務改革に伴うコンプラ態勢を整備
      (リテール部門立上げをサポート)
    • 現場実態を踏まえた情報発信及びルール見直しを実施
  • CS向上への取組
    • 「CS向上プログラム事例集」を還元
    • CS・NPS調査結果等を共有・活用
国際部門
  • 国際的な法規制・制裁強化への対応
    • 「FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)」遵守態勢構築し、実務対応開始
    • マネロン管理高度化推進
    • 海外コンプライアンス態勢強化検討
    • グローバル移転価格税制対応の継続
  • 拡大するグローバルビジネスへの対応
    • 新設拠点、買収・出資案件に係るコンプライアンス徹底
    • クロスボーダービジネスに係るツール提供
    • 各種研修プログラムの実施
市場営業部門
  • CS/コンプライアンス遵守に向けた活動
    • 各種モニタリング実施による、CS/コンプライアンス遵守確認
    • 部門内勉強会の実施
  • 顧客要望等を踏まえた商品・サービスの改善
    • 「お客さまの声DB」「提言DB」に寄せられた要望を商品・サービスの改善に活用
  • 業務計画策定及び進捗モニタリング
    • コンプライアンス面を踏まえた業務計画策定
    • 市場営業部門本部業務計画策定要領に基づく、適正な業務計画の策定
  • 法令等への対応
    • 金融指標呈示ルールの徹底
    • FATCA対応
    • 必要に応じ、勧誘・販売に関する監督指針改正対応等
投資銀行部門
  • 業務戦略に合わせたコンプライアンスの高度化
    • 新商品開発に際してコンプライアンス上の論点を検討・整理
    • 当局宛規制緩和要望実施
    • アジア各国における業務範囲規制調査
    • 信託業務運営態勢強化への取組推進
  • ポイントを押さえた効率的なコンプライアンス運営
    • 海外金融規制(FATCA、ボルカー・ルール)を踏まえた態勢整備実施
    • 本人確認・反社排除への対応
    • 研修・情報連絡会による基本事項徹底継続
    • 不備事例共有によるコンプライアンス意識の向上
事務部門
  • CS向上・顧客応対力の維持向上
    • 2014年度の店頭の事務指標は総じて良好な水準。他メガ対比も優勢を維持
    • 新型ICキャッシュカードの店頭即時発行、相続オフィスの対象店拡大等を実施
  • 法令遵守の徹底・リスク管理の高度化
    • FATCA適用開始に伴い、米国納税義務を確認する手続を開始済
    • 振り込め詐欺被害防止、マネロン防止反社関係遮断に向けた対応徹底継続
    • 外部委託先管理・情報管理を継続
  • 事務部門コンプライアンス統括オフィサー(CTO)活動
    • 事務指標のモニタリングや臨店・面談等により、拠点マネジメントや各種法令遵守状況について管理・監督・指導

CCFアクションプラン 2013年度実績

  2013年度の主な実績
個人部門
  • 自律的コンプライアンス態勢強化・定着
    • 営業店を指導するコンプライアンス統括オフィサー用の相談マニュアルを策定
    • コンプライアンス統括オフィサーによる営業店指導を強化
  • 部門業務戦略への対応強化
    • モニタリング態勢の見直し
    • 銀証リテール一体化におけるモニタリング態勢整備
  • 法令遵守の徹底・環境変化への対応
    • 高齢者ルール・含み損フォロールール等の見直し
  • 「お客さま本位」に基づくCS向上への取り組み強化
    • 営業店モニター調査での10回連続「3大行No.1」を達成。
ホールセール(法人・企業金融)部門
  • 金融規制等への対応
    • 反社会的勢力排除・マネロン対応に係る取り組みを徹底
    • 金融円滑化対応・事後フォロー等を継続実施
  • 業務施策への予防的な手当て
  • 自律的コンプライアンス態勢の定着
    • 新業務に係る態勢整備(銀証兼職組織の立上げサポート、顧客不動産情報の取扱いルール制定等)
    • 各種業務施策に係る業務フロー・コンプラ面の留意点をTV勉強会・研修等で徹底
  • CS向上への取り組み
    • 「CS向上プログラム事例集」の見直し
    • 顧客調査結果の効果的な活用
国際部門
  • 国際的な法規制・経済制裁への対応
    • 「外国口座税務コンプライアンス法 (FATCA) 」施行開始を踏まえた実務対応推進
    • 本邦改正犯収法に遵守した態勢整備完了
    • 金融機関KYCシステム整備によるマネロン強化
  • 拡大するグローバルビジネスへの対応
    • 拠点新設、買収・出資案件に係るコンプラ徹底
    • クロスボーダー業務のコンプラチェック態勢検討
    • 保険契約見直し実施、必要に応じた個別ローカル保険手配推進
  • 海外法令遵守態勢強化、危機管理態勢整備業
    • マネロン、国際税務に係る内部管理態勢充実
    • 海外危機管理マニュアル制定、海外安否確認システム導入
市場営業部門
  • CS/コンプライアンス遵守に向けた活動
    • モニタリングの実施
  • お客さま要望等をふまえた商品・サービスの改善
    • 所管商品の見直し実施
      →寄せられた要望をもとに、i-Dealの機能改定等を実施
  • 業務計画策定及び進捗モニタリング
    • 適正な業務計画の策定、業務計画の実績進捗モニタリングの実施
  • 法令等対応
    • FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)対応の検討等
      →FATCA上の本人確認手続き導入等に関しては、継続して対応が必要
投資銀行部門
  • 業務戦略へのコンプライアンスの定着
    • アジ投営のコンプライアンス・内部管理態勢整備
    • インサイダー規制、ファイアーウォール規制、銀証兼職組織との情報共有について留意点を周知徹底
  • 金融規制・金融環境への対応
    • インサイダー規制・ファイアーウォール規制の周知徹底
    • 改正犯収法の周知・反社会的勢力排除の徹底
    • リスク商品事後フォローの継続
  • 基本事項の徹底と業務効率化
    • 研修・勉強会による基本事項徹底を継続実施
    • コンプライアンス関連情報、不備事案の共有による再発防止と内部管理の向上
事務部門
  • CS向上・顧客応対力の維持向上
    • 高齢者向けサービスは順次拡充済
    • 店頭の事務指標は総じて良好な水準
    • 期初の各種法令対応に確りと対応したため、待ち時間が一時的に悪化したが第2四半期以降は沈静化
  • 法令遵守の徹底・リスク管理の高度化
    • 改正犯収法施行等の各種法制度対応を実施、振り込め詐欺防止、暴排条項発動等を徹底
    • 外部委託先管理を継続(海外拠点も実施)、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)利用に係る管理態勢を強化
  • 事務部門コンプライアンス統括オフィサー(CTO)活動
    • 事務指標のモニタリングや面談等により、拠点マネジメントやコンプライアンス面の対応状況を管理・監督・指導

CCFアクションプラン 2012年度実績

  2012年度の主な実績
個人部門
  • 自律的コンプライアンス態勢の強化
    • 販売勧誘ルール等の所管を個人部門に変更
    • モニタリング態勢の強化
  • 社会的要請への対応・法令遵守の徹底
    • 勉強会の定例実施等、リスク性商品販売の態勢強化・法令遵守の徹底を継続取り組み
  • グループベースでの業務推進拡大への対応
    • 各種研修等にて、法令・行内ルール等を徹底
  • CS向上への取り組み
    • J.D.Power社「顧客満足度No.1」、「営業店モニター調査」3大行中1位(6回連続)獲得
法人部門・
企業金融部門
  • 金融環境・社会的要請への適応
    • 金融円滑化法の「出口戦略」対応推進
    • 法令(犯収法等)・監督指針改正対応
  • 業務施策への予防的な手当て
  • 自律的コンプライアンス態勢の定着
    • 各種施策に係る業務フロー・コンプラ面の留意点をTV勉強会・研修等で徹底
      (インサイダー取引・ファイアーウォール規制強化への対応、事業保険、銀証・内外・法個連携等)
    • コンプラオフィサーチェックリスト改定、勉強会題材を拡充
  • CS向上への取り組み
    • CS向上プログラム事例集の見直し
    • 調査結果の効果的な活用
国際部門
  • 国際的な規制強化への対応
    • 「外国口座税務コンプライアンス法 (FATCA) 」適用を見据えた体制整備を検討・推進
    • 改正犯収法施行に向けたマネロン管理態勢の整備
    • イラン等特定国制裁・規制を踏まえた対応実施
  • 拡大した業務への適合性確認・対応
    • 保険、税務、会計面における適合性の検証実施
    • 海外与信管理態勢強化検討推進、海外コンプライアンスDB (ACARS)の運用定着化
    • 中国・中東等特定地域における退避マニュアル制定
  • 業容拡大に対応した内部管理体制強化
    • 欧米での規制強化の動きを受けたアジアでのマネロン体制強化
    • アビエーションキャピタル買収後のコンプラ態勢整備
市場営業部門
  • CS/コンプライアンス遵守
    • モニタリングの実施
  • お客さま要望等をふまえた商品・サービスの改善
    • 所管商品の見直し実施
       →寄せられた要望をもとに、i-Dealの機能改定を実施
  • 業務計画策定及び進捗モニタリング
    • 適正な業務計画の策定、業務計画の実績進捗モニタリングの実施
  • 法令対応
    • 改正犯収法への対応継続、FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)対応の検討
投資銀行部門
  • 機能再編・G会社連携強化への対応
    • 部門機能再編に伴うコンプライアンス体制整備
    • 銀証連携ルールの徹底、SMBC日興証券海外拠点設立対応
  • 規制環境・金融環境の変化を捉えた対応
    • 法人関係情報管理強化への対応と周知徹底
    • 犯罪収益移転防止法の改正対応への取り組み
    • リスク商品事後フォローの実施
  • 基本事項の徹底と業務効率化
    • 研修・勉強会による基本事項徹底を継続実施
    • コンプライアンス関連情報、不備事案の共有による再発防止と内部管理の向上
事務部門
  • CS向上・顧客応対力の維持向上
    • 待ち時間や店頭アンケート結果等の各種指標は前年に続き良好を維持
    • 代理人制度見直しや成年後見制度取次サービス、高齢者店頭サポートツール拡充等、各種施策を計画通り実施
  • 法令遵守の徹底・リスク管理の高度化
    • :改正犯収法やFATCA(外国口座税務コンプライアンス法)等の各種法・規制強化対応を実施、暴排条項発動や振込詐欺防止等法令遵守を徹底
    • 外部委託先管理を継続、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)利用に係る管理態勢を強化
  • 事務部門コンプライアンス統括オフィサー(CTO)活動
    • 定例的なモニタリングと面談等により、顧客保護、マネロン防止等の対応状況を管理・監督・指導

CCFアクションプラン 2011年度実績

  2011年度の主な実績
個人部門
  • 部門横断的なリスク管理体制の強化
    • 事務部門と合同での「リスク管理委員会」の継続実施
    • 関連部とのインタラクティブな連携強化
  • 自律的なコンプライアンス態勢の強化
    • 本部モニタリング態勢の強化による潜在リスクの予兆管理
    • リスクに応じた拠点指導と人材育成
  • グループベースの業務推進体制への対応
    • 法個一体運営の体制整備
    • SMBC日興証券との銀証協働体制整備
  • 法令改正等への対応
    • 金融円滑化法の期限延長への対応
    • デリバティブ内包商品の規制強化への対応
  • 多様で良質なサービス提供に向けた取組強化
    • 多様なお客さまニーズへの対応
    • お客さまの声分析の高度化と、施策への反映サイクル強化
法人部門・
企業金融部門
  • 業務環境の変化等を踏まえた態勢強化
    • 為替系デリバティブ契約先に対する事後フォローの拡充
    • 金融円滑化法延長等を踏まえた対応
  • SMBCグループ一体での取引推進への対応
    • SMBC日興証券との協働推進や、中国での日系取引推進本格化に向けたコンプライアンスの徹底
  • 営業店の自律的コンプライアンスの実践支援強化
    • 本部による勉強会題材提供を継続し、営業店の自律的コンプライアンスの実践支援強化
  • CS向上
    • 本部及び営業店への情報発信の強化
    • 他社事例の情報収集や他部門の情報共有推進
  • 研修・モニタリング
    • 機動的・効率的な研修の実施継続
    • 環境の変化に柔軟に対応したモニタリングの実施継続
国際部門
  • 国際的な規制強化への対応
    • 監督・規制への対応強化
    • 税務管理体制の強化
  • 業務拡大に対応した内部管理強化
    • 事務企画・指導・運営管理体制の強化
    • コンプライアンスチェック体制の強化
    • アジアにおける共通システムの導入推進 等
  • 国際人材の育成
    • 海外業務を担う人材の育成
    • 国内外や部門を越えた人材交流促進
市場営業部門
  • CS・コンプライアンス関連の部門勉強会実施
    • 勉強会の定期開催の継続実施
  • お客さま要望に係る商品・サービスの改善
    • お客さま・営業店の声・評価分析および当該結果の所管商品の改善・見直し等への活用継続
  • CS・コンプライアンス遵守に係る各種モニタリングの継続実施
    • 部門の管理体制の検証 等
投資銀行部門
  • 顧客保護の推進
    • 為替系デリバティブ等のリスク商品の事後フォロー実施
    • 金融円滑化への取り組み
  • 「業務展開への対応」の検証と見直し
    • SMBC日興証券との協働ルールの徹底
    • アジア地域のコンプライアンス管理体制向上
  • 基本事項の徹底と業務効率化
    • 営業店向け情報発信の見直し
事務部門
  • CS向上・顧客応対力の維持向上
    • 各種サポートツールの設置等により店頭サービス水準を向上
    • 店頭アンケートの継続や各種研修開催等により、顧客応対力やCSマインドの維持・向上を推進
  • 法令遵守の徹底・リスク管理の高度化
    • マネー・ローンダリング防止や暴力団排除等への適切な取組を継続し、法令遵守を徹底 
    • 外部委託先の管理を継続 等
  • コンプライアンスの運営体制強化等
    • 部門横断的なリスク管理体制を継続
    • コンプライアンス統括オフィサーによる定期的な監督・指導を実施 等

CCFアクションプラン 2010年度実績

  2010年度の主な実績
個人部門
  • 組織・体制整備
    • 部門横断的なリスク管理体制の高度化
    • コンプライアンス態勢の高度化
    • 金融円滑化に向けた取り組み継続
    • 反社会的勢力排除への対応
  • お客さま本位の徹底に向けた部門運営
    • 本支店一体となったアフターフォロー態勢の定着
    • お客さま目線でのサービス品質改善
    • セールスプロセスの質的向上
  • お客さま本位の営業体制確立のためのルール等の整備
    • リスク性商品の販売・勧誘ルールの改定
  • モニタリングの実効性向上、モニタリングを踏まえた商品・サービスの見直し
    • お客さまの声の効果的な収集
法人部門・
企業金融部門
  • 環境変化に対応できる態勢の強化
    • 金融円滑化への対応
    • リスク性商品事後フォローの定着
    • 金融ADR制度具体化への対応
    • 銀証連携におけるコンプライアンスの徹底
  • 営業店の自律的コンプライアンスに向けた対応強化
    • 本部による具体的な事例に基づいた勉強会題材提供
  • CS向上
    • CS調査回収率向上(Web導入)
    • 調査結果等の情報発信強化
  • 研修・モニタリング
    • 機動的な研修の実施
    • 環境の変化に柔軟に対応したモニタリングの実施
国際部門
  • 規制環境変化と業務拡大への対応
    • マネーローンダリング・外国為替法等各国規制への対応強化
    • 税務管理・報告体制の強化
    • 監督規制強化への対応
    • 各国規制等に対応するための研修の充実
  • 人材育成・事務基盤強化によるCS向上
    • 拠点別の研修メニュー充実
    • 事務標準化、事務事故削減の推進
    • アジア非日系顧客への対応力強化
市場営業部門
  • CS・コンプライアンス関連の部門勉強会実施
    • 勉強会の定期開催の実施
  • お客さま要望に係る商品・サービスの改善
    • お客さま・営業店の声・評価分析および当該結果の所管商品の改善・見直し等への活用
  • CS・コンプライアンス遵守に係る各種モニタリングの実施
    • 部門の管理態勢の検証 等
投資銀行部門
  • 顧客保護の推進
    • リスク商品の事後フォロー継続
    • 金融円滑化への取り組み
  • 規制環境変化と業務展開への対応
    • リスク商品の規制動向を踏まえた販売ルール等の見直し
    • 関連会社との協働態勢の整備
    • アジア地域のコンプライアンス管理態勢整備 等
  • 業務の見直しと基本ルールの徹底
事務部門
  • CS向上・顧客応対力の維持向上
    • 店頭アンケート等の継続実施により顧客応対力の強化を推進
    • 管理職向けCS研修の新設等により従業員のCSマインドを向上 等
  • 法令遵守の徹底・リスク管理の高度化
    • マネー・ローンダリング防止策の取組を継続
    • 暴力団排除条項への適切な対応等法令遵守を徹底
    • 外部委託先の管理強化 等
  • コンプライアンスの運営体制強化等
    • 部門横断的なリスク管理体制を継続
    • コンプライアンス統括オフィサーによる定期的な監督・指導 等

CCFアクションプラン 2009年度実績

  2009年度の主な実績
個人部門
  • CCFアクションプランの定着
    • 「1:1:1の評価体系」の継続実施 等
  • 組織・体制整備
    • 部門横断的なリスク管理体制の強化
    • 「個人コンプライアンス室」設置
    • 「個人金融円滑化推進室」設置
    • 金融円滑化統括オフィサー配置 等
  • お客さま本位の徹底に向けた部門運営
    • 本支店一体となったアフターフォロー継続実施 等
  • お客さま本位の営業体制確立のためのルール等の整備
  • モニタリングの実効性向上、モニタリングを踏まえた商品・サービスの見直し
法人部門・
企業金融部門
  • 営業店と本店各部の連携によるコンプライアンスの徹底
    • 本部からの情報発信強化
    • きめ細かな営業店指導の実施
  • 顧客保護管理態勢の強化
    • 中小企業金融円滑化
    • リスク性商品フォローアップ
  • CS向上
    • 各営業店による「CS向上プログラム」の活性化
  • 研修実施方法の見直し
  • モニタリングの高度化と機動的な見直し
国際部門
  • クロスボーダー業務の管理体制整備
    • プロダクト関連のコンプライアンス態勢の整備等
  • マネー・ローンダリング防止対策
    • 海外全拠点への取引モニタリングシステム導入完了
    • 各種マニュアル等の整備等
  • グループ会社管理態勢の整備
    • 中国・ロシア現地法人の円滑な業務開始 等
  • コンプライアンスモニタリング見直し
    • 海外各地域特性を反映した実効性ある手法の導入
  • 過去施策の見直し・徹底
    • 過去施策やルールの見直しによる業務効率化、定着化の推進
市場営業部門
  • CS・コンプライアンス関連の部門勉強会実施
      勉強会の定期開催と理解度チェック実施 等
    • お客さま要望にかかる商品・サービスの改善
    • お客さま・営業店の声・評価分析および当該結果の所管商品の改善・見直し等への活用
  • CS・コンプライアンス遵守にかかる各種モニタリングの実施
    • 部門の管理態勢の検証 等
投資銀行部門
  • 商品企画・運営
      リスク商品の事後フォロー実施
    • 各種規制緩和への対応
    • 業務ルール整備・体系化、見直しモニタリング
    • 各種モニタリングの実効性向上
  • 組織・体制
    • 部門内のコンプライアンス面の統制・連携強化
    • 各種コンプライアンス関連研修強化
    • コンプライアンス関連業務のシステム化推進によるミス防止・効率化
事務部門
  • お客さまの声を担当者個人・営業店の改善につなげるサイクルの確立
    • PDCAサイクルを確立すべく、店頭アンケートを継続実施 等
  • CS・顧客応対力の向上
    • 店頭アンケートのレベルアップ、個人あてフィードバックの継続 等
  • 法令遵守の徹底・リスク管理の強化
    • 各種マネーローンダリング防止策の実施
    • 普通預金規定等に暴力団排除条項を導入
    • 外部委託先の管理強化継続 等
    • コンプライアンスの運営体制強化等
    • 部門横断的なリスク管理体制の強化
    • コンプライアンス統括オフィサーによる定期的な監督・指導継続 等

CCFアクションプラン 2008年度実績

  2008年度の主な実績
個人部門
  • CCFの部門内徹底
    • 「1:1:1の評価体系」の継続実施 等
  • 組織・体制整備
    • コンプライアンス統括オフィサーによる指導・監督の強化
  • お客さま本位の徹底に向けた部門運営
    • 本支店一体となったアフターフォロー実施 等
  • お客さま本位の営業態勢確立のためのルール等の整備
  • モニタリングの実効性向上、モニタリングを踏まえた商品・サービスの改廃
法人部門・
企業金融部門
  • 体制整備
    • 商品・サービスの勧誘販売をルールに則り適切に行うため、システムインフラを継続的に改善
  • 金融円滑化に向けた取り組み
    • 金融円滑化に向けた勉強会の開催と通達の発信
  • モニタリング態勢強化
    • モニタリングの実効性向上と、モニタリングを踏まえた商品・サービスの見直しの継続
  • CS向上
    • お客さまの意見を営業活動の改善に活かすべくCS調査を高度化
国際部門
  • 規程整備
    • コンプライアンスマニュアル海外規則の見直し 等
  • モニタリング態勢強化
    • 対象拠点の拡大、モニタリング手順の見直し 等
  • グループ会社管理強化
    • グループ会社との情報共有に関するフレームワーク策定
市場営業部門
  • CS・コンプライアンス関連の部門勉強会実施
    • 勉強会の定期開催と理解度チェック実施 等
  • お客さま要望にかかる商品・サービスの改善
    • お客さま・営業店の声・評価分析および当該結果の所管商品の改善等への活用
  • CS・コンプライアンス遵守に係る各種モニタリングの実施
    • 部門の管理態勢の検証 等
投資銀行部門
  • 商品企画・運営
    • 販売体制・ルール等の見直し・整備
    • 営業店向け研修の多様化
  • モニタリング態勢整備
    • 機動的なモニタリングを新設
  • 組織・体制
    • 海外コンプライアンス体制・ルールの整備
    • CS・コンプライアンス関連業務のシステム化
事務部門
  • お客さまの声を継続的に改善につなげるサイクルの定着
    • お客さまの声を継続的に改善につなげるため、店頭アンケートを継続 等
  • CS・顧客応対力の向上
    • 店頭アンケート結果等の個人あてフィードバックを通じた改善 等
  • 指導・研修等を通じたお客さま本位・法令遵守の徹底
    • CS研修やTV勉強会等を通じた徹底を継続
    • 外部委託先の管理強化実施 等
  • コンプライアンスの運営体制強化等
    • コンプライアンス統括オフィサーによる定期的な監督・指導継続 等

CCFアクションプラン 2007年度実績

  2007年度の主な実績
個人部門
  • 組織・体制の整備
    • 全ブロックへのコンプライアンス統括オフィサーの配置
      (36名:2008年3月末時点)
  • お客さま本位の徹底に向けたルール等の整備、部門運営
    • 投資商品購入者に対するお客さまアンケートの実施
    • 金融商品取引法に対応した「新販売・勧誘ルール」の構築・早期定着 等
法人部門・
企業金融部門
  • 法人部門営業店におけるCS向上プログラムの本格実施
    (※各営業店が独自にCS向上に向けたプランを策定・実行する取り組み)
  • 営業店のコンプライアンス体制の強化
    • コンプライアンス統括オフィサーの増員
      (1名増員し10名体制)
  • 重点取り組み事項
    • 2007年9月に施行された金融商品取引法に対応した行内ルールの整備、営業担当者への研修実施
    • M&A業務等における、利益相反の管理を徹底するため、勉強会開催
国際部門
  • 規程整備
    • 顧客保護対応に関する規則等の見直し
  • マネーローンダリング防止体制強化
  • コンプライアンス教育、研修体制の整備
市場営業部門
  • 部門勉強会の実施
  • お客さま要望にかかる調査対応
  • CS・コンプライアンス遵守に係る各種モニタリング
  • コンプライアンス関連業務担当人員の増員
投資銀行部門
  • 商品企画・運営
    • 販売体制・ルール等の見直し
    ・金融商品取引法対応態勢整備
    ・利益相反対応態勢整備
    ・M&A態勢強化実施
  • モニタリング態勢整備
    • 各種モニタリングの整理
  • 組織・体制
    • CS・コンプライアンス態勢整備、部門横断的な検討会設置
事務部門
  • お客さまの声を継続的に改善につなげるサイクルの確立
    • 店頭アンケートに基づくお客さまの声収集体制を構築 等
  • CS・顧客応対力の向上
    • 店頭待ち時間短縮に向けた取り組み 等
  • 指導・研修等を通じたお客さま本位・法令遵守の徹底
    • CS研修やTV勉強会等を通じた徹底
  • コンプライアンスの運営体制強化等
    • コンプライアンス統括オフィサーによる指導開始 等
CCFアクションプラン
企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る