企業の社会的責任(CSR)


次世代型の営業店端末CUTE

三井住友銀行では、日本電気株式会社(NEC)、沖電気工業株式会社(OKI)と共同で開発した次世代型の営業店端末CUTEを全営業店で使用しています。CUTEは、高性能なイメージ処理を活用したペーパーレス処理、事務処理と顧客対応をワンストップで同時に処理できる新画面、業務の流れをシステムがガイダンスしていくSTP (ご留意点1)ナビゲーション、お客さまの書類記入の負担を低減する対話型のローカウンター業務サービスなど、お客さま重視の視点で設計されました。こうした営業店業務のIT化によって得られる200名相当の合理化効果は、お客さまの待ち時間短縮や高水準な応対・サービスの提供に活用しています。加えて、A4用紙で年間300万枚以上のペーパーレスにも寄与しており、今後もCUTEを活用した生産性向上とペーパーレス化を推進していきます。
また、CUTEの導入を通じて、NEC、OKIと営業店業務のIT化を通じた環境負荷軽減と社内外の環境活動に共同で取り組む (ご留意点2)ことに合意し、幅広い社会への貢献を目指しています。

ご留意点1
Straight Through Processing:お客さまの取引にかかる一連の事務処理の過程が、すべて電子的なネットワークを通じて処理されること。
ご留意点2
2009年9月に東京湾に浮かぶゴミと残土で浮かべられた島を自然豊かな緑の島に生まれ変わらせていく「海の森プロジェクト」の植樹イベントにNEC、OKIとともに参加し、3社で「海の森プロジェクト」への寄付も実施しました。
2010年11月には、「小石川植物園」と「日光植物園」を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させるプロジェクトである、東京大学基金の「Life in Green Project」に寄付しました。

スマートフォン利用者の拡大に対応し、三井住友銀行アプリ(2013年2月)や口座開設アプリ(2015年2月)等のスマートフォンアプリを提供し、サービス拡充に努めています。
2013年10月からは、インターネットバンキングに、カード型ワンタイムパスワード生成機「パスワードカード」を導入し、新規に契約される全てのお客さま、および既存のご契約者で切り替えを希望されるお客さまへ無料での提供を開始しました。2015年8月にはスマートフォンを利用するお客さまの声にお応えし、パスワードカード(スマホアプリ版)を導入しました。
このような取り組みによりお客さまの利便性に配慮しつつ、更なるセキュリティの強化を図っています。

また、2014年7月より、視認性・操作性の向上を目的とし、インターネットバンキングで残高照会や振込・振替手続きをする際の画面デザインを一部変更を行い、ユーザビリティの向上を進めています。

企業の社会的責任(CSR)トップへ

印刷用ページを別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ戻る