アクセシビリティについて



アクセシビリティとは

ホームページに掲載されている情報を誰もが負担なく取得できることで、特に障害者や高齢者にとって、どの程度利用しやすいホームページであるかという意味で多く使われています。

アクセシビリティ強化の背景

インターネットの普及、高齢化の進展を背景に、障害者や高齢者も含めてより多くの人が使いやすいホームページの制作がますます重要になっています。障害者や高齢者は、音声読み上げソフトを使用したり、ブラウザのユーザ補助機能により文字の大きさや文字色・背景色を変えたりしてホームページを閲覧していますが、配慮したホームページが少ないため、こうした支援ソフトや機能が十二分に効果を発揮できないことがあります。

これを受けて、経済産業省は昨年6月に、「JIS X8341-3高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ」(以下、ウェブコンテンツJIS)を制定してホームページ作成にあたっての障害者・高齢者に対する配慮を標準化し、政府・地方自治体に加えて銀行等の社会的役割の大きい企業が積極的に準拠することを求めました。

「三井住友銀行Webアクセシビリティガイドライン」の作成と公開

これを受けて、三井住友銀行は、ウェブコンテンツJISをベースに銀行業界固有の問題を配慮して独自のアクセシビリティガイドラインを作成し、平成17年3月7日に、本ガイドラインとこれに沿ったホームページを公開しました。

現在公開しているホームページの中には、本ガイドライン制作前に作成したものが多くあり、ガイドラインに対応できていない部分も一部残っています。こうした部分は、今後必要に応じて順次改善・更新していくよう努めるとともに、今後作成する部分についても本ガイドラインを遵守して作成していくよう努めます。

またガイドラインを内部向けに作成するだけでなく、公開することによって、広く皆さまの声を頂き、Webサイト及び本ガイドライン自身をより良いものに改良していくことにも努めます。


SMBCトップへ

このページの先頭へ戻る