プロセス・運用に関する指針
優先度1



解説

インターネットバンキング等のWebサービスは障害を持つユーザーや高齢者にとっても非常に有益なものであり、生活と深く密着した公共サービスであるといえます。
このような、社会の情報インフラともいえるサービスを企画・制作する際には、より高いアクセシビリティを確保することを目指します。


実例

  • 設計の初期段階で、設計するサービスの公共性、重要性について検討します 。
  • 公共性の高いサービスでは、ユーザーの環境に依存したサービスの採用をできる限り避けます 。
  • 公共性の高いサービスでは、優先度1, 優先度2, 優先度3の各項目について、できる限り準拠するよう努めます 。
  • 公共性の高いサービスを作成する際には、可能な限りユーザーによるテストや専門家による検証等を行うようにします。

参考:

  • 紙で提供された通帳やATMの利用明細等に(視覚に障害を持つ等の理由で)アクセスできない人でも、インターネットバンキングであれば音声読み上げソフトによってアクセスし、利用することができます。
  • 障害者の方は健常者と比較して、物理的に移動する際にも負担が大きいと考えられます。インターネットでのサービスは、銀行までの移動途中のバリアを気にしなくて良いため、障害者にとって、より一層有益であると言えます。
  • 法人向けサービスの中には、仕事で使うことを目的としたものがあります。これらのサービスにバリアがあることは、障害者の雇用機会を奪うことにつながります。

当行における特記事項:

特にインターネットバンキング、プレスリリース、リアルタイム情報。掲載ページでは、強い意識を持って取り組んでいくこと。



関連するJISの項目

なし




アクセシビリティガイドライン トップ

このページの先頭へ戻る