プロセス・運用に関する指針
優先度3



解説

Webブラウザをはじめとして、ソフトウェアやハードウェアは日々進歩しています 。
Webアクセシビリティ技術についても、新しいソフトウェアや支援機器等のハードウェアが今後開発され、普及することが考えられます。
例えば、HTML4.0以降に定義されたアクセシビリティ関連の仕様の多くは、最新のWebブラウザによってサポートされています。
Webサイトの運営にあたっては、これらの動向にも注意を払い、よりアクセシビリティの高いテクノロジーを積極的に取り入れることを常に検討していくこととします。


実例

  • Webアクセシビリティに関する最新技術情報を常にチェックし、Webサイトの関係者間で共有します。
  • 新しいサービスの設計時点では、最新のアクセシビリティ技術を含めて検討を行います。
  • 後方互換性に問題が無く、新しいアクセシビリティ技術がもたらすメリットが大きい場合、積極的に採用を検討します。

当行における特記事項:

新しいサービス提供の企画・設計時には必ず検討すること。特にPDFによる情報提供やリアルタイム情報掲載の検討時において。



関連するJISの項目

なし




アクセシビリティガイドライン トップ

このページの先頭へ戻る