プロセス・運用に関する指針
優先度3



解説

ソフトウェアやハードウェアによるアクセシビリティ技術は、HTML(XHTML)やCSS等の仕様に基づいて開発・実装されます。
仕様上は実現可能な設計がなされているにも関わらず、ソフトウェアやハードウェアが実装できていないアクセシビリティ技術がまだ数多くあります。
アクセシビリティの実装においては、できる限りこれらの技術についても視野に入れ、将来のソフトウェアやハードウェアの進歩によって、より高いアクセシビリティが実現できるように設計・制作します。


実例

  • 特定のWebブラウザの独自の機能 (HTML等の仕様にないもの) を前提とした設計や制作をしないようにします。
  • アクセシビリティ上の課題を解決するために、一般的なWebブラウザで実装されていない技術でHTML等の規格に定められた仕様を使う必要がある場合(代替手段が無いと考えられる場合)は採用を検討します 。

参考:

  • 音声向けCSS (Aural Style Sheet) やXHTML1.1のruby要素をレポートしている音声ブラウザはまだ殆どありませんが、これらはW3Cの策定した正式な仕様であるため、代替手段が無い場合は、採用を検討することとします。
  • このような問題を回避するために、正規の規格の仕様に無い独自の定義を避けるようにします。
  • 一時的な対応策として、サーバー側アプリケーションや運用側のソフトウェアを採用することも検討します。

当行における特記事項:

Web標準に準拠し、コンテンツ(サービス)の耐久性を向上させることは、運用コスト削減に貢献する。特定のWebブラウザの(特定のバージョンの)独自仕様に依存した制作は、Webブラウザのバージョンアップ等により問題を引き起こす可能性があるため、特にインターネットバンキング等利用者の生活に密着し、制作や改良に時間を要するものについては注意する必要がある。



関連するJISの項目

なし




アクセシビリティガイドライン トップ

このページの先頭へ戻る