ページ制作のアクセシビリティ指針
優先度2



解説

サイト内のナビゲーションが統一化されているWebサイトでは、ユーザーはサイト内を巡回するうちに、ページの基本構造を学習し、把握するようになります。
ページの構造をユーザーが理解できれば、ユーザーは目的のコンテンツにたどり着くためにナビゲーションを読み飛ばしたり、ページ移動のために操作することが容易になります。


実例

  • 見栄えだけでなく、HTML(XHTML)の内部においても、位置、出現順、表現を統一化します。
  • ルールに基づいて作成されたテンプレートを元に作成・運用します。
画面イメージ。様々なページのヘッダ部を並べています。メニューやボタンの位置は統一されてます。


関連するJISの項目

5.3 f (推奨)




アクセシビリティガイドライン トップ

このページの先頭へ戻る