原稿作成及びテキスト入力のアクセシビリティ指針
優先度1



解説

通貨、単位等の記号や日付は、表記方法によって音声読み上げソフトがうまく読み上げられないことがあります。
記号の使用はできるだけ避け、音声読み上げに適した形で記述するようにします。それが出来ない場合、少なくともページの中では表記方法を統一します。


実例

  • 通貨、単位や日付の表記方法については、できる限りうまく読み上げられる形式で記述するします。
  • ページやWebサイトの中での通貨等の記述方法は、できる限り統一します。
音声ブラウザでの通貨/日付の読み上げ例
  表記例 読み上げ例
通貨

30000円

さんまんえん

30,000円

さんまんえん

\30,000-

さんまん

$30,000-

さんまん

日付

2005年1月1日

にせんごねんいちがつついたち

2005/1/1

いちぶんのにせんご いち

2005.1.1

にせんご てん いち いち

(※読み上げ結果についてはソフトや辞書により異なります)

参考:通貨の表現方法の例

参考例。様々な国の通貨単位の記号が表示されています。

表(table)の構造によって通貨を表現した例

<th  abbr="USドル">アメリカドル($)</th> 
	

単位を画像化することで通貨を表現した例

<img src="euro.gif" alt="ユーロ">4,540.94 
	

当行における特記事項:

通貨表記のあるページ。新着情報のリスト表示等日付けを表記する場合。



関連するJISの項目

なし




アクセシビリティガイドライン トップ

このページの先頭へ戻る