映像等による情報提供のアクセシビリティ指針
優先度1



解説

現状ではFlash、Javaアプレットなどプレーンテキスト以外のデータフォーマットは、支援技術によっては利用できない可能性があるため、これらデータフォーマットを用いる際にはできるだけそのデータフォーマットのアクセシビリティ技術を行うようにします。
こうしたアクセシビリティ技術が提供されていない、あるいは適用が困難な場合には、アクセシブルな代替コンテンツを用意します。また、Flashなど専用ソフトウェアを必要とするものは、それをインストールしていないユーザに配慮します。


実例

  • Flashなどのデータフォーマットを採用する場合には、用意されているアクセシビリティ技術を用います。また、HTML(XHTML)の側ではobject要素に代替コンテンツを記述します。例えば、Flashでメニューを提供している場合には、代替コンテンツはテキストリンクになります。
  • Flashなどのプラグインの最新版をインストールしていないユーザに配慮して、プラグイン技術を用いたコンテンツには、最新版のプラグインをインストールできるサイトへのリンクを設けておきます。
  • あるデータフォーマットのアクセシビリティ技術が提供されていない、あるいは適用が困難な場合には、同等の内容を持つテキストページなど、アクセシブルな代替コンテンツを用意します。この代替コンテンツは、通常のデータフォーマットと同時に更新するようにします。

良い例:

Flashを用いたコンテンツに加え、同等の内容を持つテキスト版を提供しています。また、プラグインの最新版の入手先へのリンクも提供されています。

良い例。Flashでコンテンツを提供する場合にテキスト版あわせて提供し、選択できるようになっています。また、Flash Player へのリンクを示しています。

当行における特記事項:

マルチメディアコンテンツを用いる場合。リアルタイム情報提供、IR情報、オンラインデモ等。



関連するJISの項目

5.1 b, 5.4 e (必須)




アクセシビリティガイドライン トップ

このページの先頭へ戻る