基本的要件



1. 身体的条件、状態、環境によらずにアクセスできること

  • 視覚によってWebコンテンツにアクセスできない方でも、音声読み上げソフト等を使用することによって、Webコンテンツの内容を理解でき、操作できること。
  • 音声情報が得られない方(聴覚障害)や音声の再生できない環境でアクセスしている方でも、Webコンテンツの内容を理解できること。
  • 色盲・色弱等の方であっても情報が理解できること。
  • マウスがうまく操作できない方でも(上肢体障害)、キーボードあるいはその他の支援機器等を使って操作できること。
  • 例えば、視覚に障害があり、且つ聴覚に障害があって音声読み上げソフト等が利用できない場合に、点字ディスプレイ等を使って情報を理解でき、操作できること。
  • 特定のソフトウェアやハードウェアによらず、様々な機器、環境でアクセスできるようにすること。

参考:これらの要件を満たすことは、健常者にとっても大きなメリットとなります。

  • 音声でうまく再生できるWebコンテンツは、検索エンジンの親和性が高いため、目的のキーワードで検索することによって情報にアクセスしやすくなります。
  • 聴覚に頼らずで理解できるWebコンテンツ(字幕のある映像情報等)は、サウンドをオフにしている、あるいは周囲が騒がしい環境でWebコンテンツにアクセスしている方の役に立ちます。
  • 色覚に頼らずで理解できるWebコンテンツは、グレースケールディスプレイでWebコンテンツにアクセスしている方の役に立ちます。

2. アクセスできるだけでなく、可能な限り使いやすくすること

  • 音声ブラウザで読み上げることによって情報が理解できるだけでなく、音声ブラウザの様々な機能が有効になるようにし、読み上げた際に理解・操作しづらいことのないよう配慮すること。
  • マウスの代替デバイスのような支援機器を使う、ソフトウェアの設定を変更する等の方法によって、ユーザーが自分の障害や状態にあわせて、できる限り自由な使い方ができるようにすること。



アクセシビリティガイドライン トップ

このページの先頭へ戻る