お客さま本位の徹底

戻る

お客さま本位の営業姿勢の徹底

お客さま本位の営業姿勢を徹底するため、経営理念とともに、「コンプライアンス・マニュアル」に「お客さま本位の徹底」として、具体的な行動原則を規定しています。

また、集合研修や営業店での勉強会等を通じ、全従業員に対して、お客さま本位の意識の定着を図っています。研修や勉強会においては、お客さまから寄せられた具体的な意見・要望を題材に取り入れ、実際の営業活動において、お客さま本位を実践できるように工夫しています。

更に、各業務部門において毎年度、自部門のお客さま本位(CS)ならびにコンプライアンスを推進するための実行計画である「CCFアクションプラン」(Customer Comes First & Compliance Comes First)を立案し、推進しています。
CCFアクションプラン詳細については、以下のリンク先をご覧ください。

「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」

三井住友銀行は、「お客さま本位」の考え方にもとづく業務運営の徹底に向けて、「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を定めております。

ISO 10002の自己適合宣言

苦情対応に関する国際規格「ISO 10002/JIS Q 10002(品質マネジメント−顧客満足−組織における苦情対応のための指針)」 (※)に適合したお客さまの声対応の仕組みを構築し、同規格への適合を宣言しました。

  • (※)「ISO 10002」の概要
    ISO 10002は、組織の苦情対応に関する国際規格で、苦情対応プロセスを適切に構築し、運用するためのガイドラインを示しています。JIS Q 10002「品質マネジメント−顧客満足−組織における苦情対応のための指針」は、ISO 10002を技術的内容および構成を変更することなく作成した、ISOとの一致規格としての日本工業規格です。

第三者意見書 PDF(127KB)