電子メールお知らせサービス

サービス利用内容の設定

「口座引落しの事前お知らせ・残高不足時お知らせ」利用設定

選択したメニューが順番に表示されます。それぞれのメニューで設定してください。

【お知らせする対象口座の選択】
口座引落しをお知らせを希望する口座を選択してください。
1支店あたり最大3口座まで選択できます。

  • 申込代表口座は必ず送信の対象となります。
  • 電話投票制度専用口座(競馬、競輪、競艇等)はご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

【メール表示内容の設定】
お知らせするメールに「口座引落しの口座番号」を表示するか、表示しないかを選択してください。
「メールのサンプル」をクリックすると、どのようなお知らせメールがくるか確認することができます。

口座引落しの事前お知らせ・残高不足時お知らせに関する注意点

  • お知らせの対象となる取引は、公共料金、クレジットカード、税金、保険料、教育費、家賃、新聞代などです。
    (各種ローン、各種預金への振替、各種手数料、定額自動送金などは対象外です。)

    くわしくはこちら(新しいウィンドウで開きます)

  • 口座引落しの事前お知らせについて、メールのタイミングは、引落日の前営業日(※)になります。
  • 引落しの内容によっては、前営業日以外の日にお知らせする場合があります。
    例1 引落日が火曜日の場合:月曜日(前営業日)に配信となる企業、土曜日(2営業日前の翌日)に配信となる企業があります。
    例2 引落日が木曜日の場合:水曜日(前営業日、2営業日前の翌日)に配信となります。
  • 住宅金融支援機構へのご返済等、一部の引落しは引落日当日にお知らせすることがあります。
  • 口座引落しの事前お知らせについて、引落日当日に、残高不足や預金取引停止等の理由で引落しができなかった場合、または引落処理前に、お客さまもしくは収納企業等より「引落し停止依頼」「訂正依頼」があった場合等、メールでお知らせした引落し明細と実際の手続の内容とが異なる場合があります。また収納企業等からの依頼によりお取引店で直接「引落処理」をさせていただく場合や、収納企業等からの引落し明細の提出が遅れた場合等、メールで明細をお知らせすることができない場合があります。
  • 口座引落しの残高不足時お知らせについて、夜間の初回引落しができなかった場合にメールでお知らせをおこなうため、本メールと行き違いにすでに口座への入金および引落しが完了している場合でもメールでお知らせすることがあります。また、該当口座の預金取引停止等、残高不足以外で引落しができなかった場合は、電子メールで明細をお知らせすることができません。

【お知らせするアドレスの選択】
お知らせするアドレスを選択してください。(複数選択可)

  • [仮登録中]表示のあるアドレスも選択できますが、その場合必ず一つは、本登録済みのアドレスを選択してください。

[仮登録中]表示があるアドレスは、まだ本登録が完了していません。 本登録がされるまでは、そのアドレス宛にはお知らせのメールは送られません。