投資信託

ファンド情報の表示内容

ファンドの情報については、以下のような内容で表示しております。

  • 以下の3条件すべてに該当するファンドは表示されません。
    • 基準日時点で残高がないこと
    • 過去1年間に解約等のお取引がないこと(※)
    • 基準日時点で自動積立の契約がないこと

基準日時点で残高がないファンドについても、過去1年以内にお取引があるか、または基準日時点で自動積立のご契約がある場合は、基準日時点の残高および自動積立のご契約有無を表示します。

  • 原則、解約等に伴う「受渡日(換金された代金が口座に入金された日)」の翌日が前年同月1日より前である場合を指します。

【表示項目】

項目 定義
残高(口数)

残高(口数)は基準日現在の合計口数、各預り区分ごとの口数を表示しています。
ご購入/解約いただいた明細については、約定日の翌日に反映します。

基準価額

基準日現在の価額であり、実際の購入価額ではありません。

個別元本・取得単価

個別元本/取得単価とは、お客さまが保有するファンドについての取得時の平均投資元本をいい、特定預りのファンドは取得単価、一般預り、NISA預りのファンドは個別元本を表示します。

  • MMF・外国投信については表示されません。

【個別元本とは】

追加型株式投資信託において、お客さまが保有されているファンドの取得時の平均投資元本で、解約・償還時の税額計算の基礎となります。同一ファンドを同一預り区分で複数回購入した場合は、その都度個別元本の計算(加重平均による再計算)が行われます。また元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合にも変動いたします。

  • 手数料などのファンドの取得に要した費用は、個別元本には含まれません。
  • 平成12年4月1日より現行の個別元本方式へ移行。移行以前に保有している追加型株式投資信託の当初個別元本は平成12年3月31日の平均信託金が適用されます。

【取得単価とは】

各ファンドを特定口座に組み入れる際にお客さまに同意いただいた、譲渡損益・税額の計算基準となる価格です。

評価額

基準日の基準価額および残高に基づき、次のとおり算出しています。

 評価額 = 残高(口数) × 基準価額 ÷ 計算口数

  • 計算口数は基準価額の表示単位を表します。
  • 国内投信および外国投信(円建)の場合は小数第1位、外国投信(外貨建)の場合は小数第3位を四捨五入して表示します。
評価損益

基準日の基準価額・残高・個別元本/取得単価に基づき、ファンド単位で各預り区分ごとに次のように算出しています。

評価金額−(個別元本または取得単価×残高(口数)÷計算口数)

  • 計算口数は基準価額の表示単位を表します。
  • SMBCダイレクトの評価損益では、上記括弧内を小数点以下切上げで計算します。
  • 外国投信については本欄は表示されません。

<計算例>(ファンドを特定預りのみで保有している場合)

取得単価:9,000.00円、残高(口数):100,000口、
基準価額:10,000円、計算口数:10,000口のファンドの場合

1.評価金額
=基準価額 × 残高(口数) ÷ 計算口数
=10,000円 × 100,000口 ÷ 10,000口
=100,000円
2.評価損益
= 評価金額 −(取得単価×残高(口数)÷計算口数)
= 100,000円−(9,000円×100,000口÷10,000口)
= 100,000円−90,000円
= 10,000円
  • 括弧内小数点以下切上げ
自動積立

各ファンドの基準日時点の自動積立のお申込状況を表示します。

「有」 :
自動積立をお申し込みのファンドの場合
「−」 :
お申し込みでないファンド、または自動積立の対象外のファンドの場合
再投資

各ファンドの基準日時点の収益分配金の取扱方法を表示します。

「有」 :
再投資(収益分配金で同じファンドを購入する取扱)の場合
「停止」 :
再投資停止(収益分配金を預金決済口座に入金する取扱)の場合
「−」 :
収益分配金の取扱方法変更の対象外ファンドの場合
預り区分

各ファンドの基準日時点の預り区分を表示します。

「一般」 :
一般口座に組入のファンドがあることを示します
「特定」 :
特定口座に組入のファンドがあることを示します
「NISA」 :
NISA口座に組入のファンドがあることを示します

複数の預り区分にまたがって保有している場合は、保有の預り区分を全て表示します。