導入効果

戻る

「でんさい」を導入するメリット

支払企業(債務者)のメリット

支払事務の軽減、搬送コスト削減などが期待できます。また、印紙税は課税されません。

支払企業の悩み「でんさい」の活用で解決!! 【悩み】手形の発行は事務手続が面倒。搬送代の負担も大きい。【解決】「でんさい」を使えば、手形の発行、振込の準備など、支払いに関する面倒な事務負担が軽減されます。手形の搬送コストも削減されます。 【悩み】手形の印紙税負担が大きい。【解決】手形と異なり、印紙税は課税されません。 【悩み】手形、振込、一括決済など、複数の支払手段があり、非効率。【解決】手形、振込、一括決済など、複数の支払手段を一本化することも可能となり、効率化が図れます。

納入企業(債権者)のメリット

紛失・盗難のリスクがありません。また、必要な金額だけ分割できる、取立手続が不要などのメリットがあります。

納入企業の悩み「でんさい」の活用で解決!! 【悩み】手形の場合、紛失や盗難が心配。保管も面倒。【解決】ペーパーレス化により、紛失や盗難の心配はなくなります。厳重に保管、管理する必要がなくなりますので、無駄な管理コストを削減することができます。 【悩み】手形の場合、必要な分だけ譲渡や割引ができれば便利【解決】必要な分だけ分割して譲渡や割引をすることができます。手形にはない、「でんさい」特有の大きなメリットです。 【悩み】手形の場合、取立手続が面倒。【解決】支払期日になると取引銀行の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続は不要です。また、支払期日当日から資金を利用できます。 【悩み】振込の場合、入金日までの資金繰りが大変。【解決】 「でんさい」は流通性の高い債権です。「でんさい」であれば、これまで資金繰りのために利用できなかった債権も、譲渡や割引などが可能になり、無駄なく有効に活用することができます。

「SMBCでんさいネット」ご利用の場合のメリット

インターネットサービス共通のID

法人向けインターネットバンキング「パソコンバンクWeb21」など、「ValueDoor」を通じて利用するその他のサービスと共通のIDを利用することができます。(その他のサービスのご利用には、別途お申込が必要です)

(利用例)

「SMBCでんさいネット」を利用するIDに「パソコンバンクWeb21」のサービス利用権限を付与することで、「でんさい」の決済情報を「パソコンバンクWeb21」の入出金明細照会メニューで確認することも可能です。

パソコンバンクWeb21について

お問い合わせ

サービスの詳細、導入にあたってのご相談等、三井住友銀行のでんさいセンターへお気軽にお問い合わせください。

三井住友銀行のでんさいセンター

フリーダイヤル 0120-286-203
(通話料無料)

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜19:00(銀行休業日を除きます)