導入事例 CASE02 インターネットによる銀行取引が初めて

戻る

Case02 電話回線によるパソコンバンクは利用したことがある、T社の事例

【T社プロフィール】

従業員20名の企業。これまで電話回線を通じての専用端末による銀行取引を行っていた。

パソコンバンクWeb21<デビュー>タイプ導入前の作業フロー 1.作業は専用端末でしか行えないので、オフィスでしか作業が進まない。 2.データは専用端末(パソコン)に保存されるので、パソコンが壊れるとデータを失う恐れがある。 3.セキュリティを考慮し、経理関係は全て一人の担当者が行っている。 4.ソフトがバージョンアップされた時には、その度インストールしなければならない。 5.金融機関の店舗名が変更になったり、統廃合されたりすると、その度自分で情報を入力しなおさなければならない。 専用の端末でないと作業ができないというのも、なにかと不便。作業を分担して行いたいが、セキュリティが心配で自分で全部やってしまう。どうにか効率的にならないものか。 パソコンバンクWeb21<デビュー>タイプ導入後の作業フロー 1.インターネットが接続されていれば利用できるので、家でも仕事を進められる。 2.データはインターネットを経由してサーバ上に保管されるので、パソコンが万が一壊れても安心。 3.権限設定ができるので、複数人で作業を分担する。 4.ネットに接続して利用するので、ソフトのインストールが不要で、常に最新版を利用することができる。 5.銀行の店舗名称変更などにも対応。つねに最新の金融機関情報を提供するので、手間いらず。 インターネットさえあれば、オフィスや自宅にいながら作業ができる。振込データを一括送信できるので便利。権限設定がきちんとできるのでセキュリティ的にも安心。

こちらもどうぞ

その他

関連サービス

口座への入金をメールでお知らせ!

振込入金があった場合や、口座の残高がお客さまの設定した残高より下回った場合に、いち早く電子メールでお知らせ!

「パソコンバンクWeb21@Mail」詳細

お問い合わせ

三井住友銀行のソリューションセンター

フリーダイヤル 0120-286-202
(通話料無料)

ダイヤル後にサービス番号「1」をご入力ください。

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜19:00(銀行休業日を除きます)

パソコンバンクWeb21<デビュー>タイプの資料請求・仮申込

資料請求のお客さま

資料請求

仮申込のお客さま

仮申込