アジア・オセアニア

戻る

アジア・オセアニア地域におけるサポート

アジアをマザーマーケットとする銀行として、日系・アジア企業のお客さまとともに成長。

分野を問わず日系企業・多国籍企業が数多く進出し、成長著しい地場企業とともに、ダイナミックなビジネスを展開するアジア・オセアニア地域は、グローバル経済との結びつきをますます強め、製造拠点としてはもちろんのこと、販売市場あるいは資源の供給国としても魅力的なマーケットとなっています。

また、アジア・オセアニア地域の人口は今後も増加し、消費市場としてさらに拡大が見込まれるとともに、同地域が世界経済全体に占める割合も増加していくと予想されています。今後は「アジアの時代」とも考えられています。

そのような流れを受け、三井住友銀行ではアジアビジネス強化を最重要戦略と位置づけ、商業銀行業務(トランザクション・バンキング、コーポレートファイナンスなど)はもちろん、資源開発などのプロジェクトファイナンス、海外進出を支援するアドバイザリー業務、トレードファイナンス業務などの一層の強化を図っています。

当行は当地域における50年以上の長い歴史の中で、多くのお客さまと親密なリレーションを構築してまいりました。このお客さまとの信頼に基づいたリレーションは、かけがえのない財産になっており、当行の強みにもなっています。

2008年4月には、アジア・大洋州本部を設置し、決定権限を大幅に委譲。2012年4月にはアジア投資銀行営業部を設置し、投資銀行ニーズに対するワンストップ化を図り、2012年10月にはSMBC日興証券のシンガポール現地法人が当地での営業を開始しました。2013年4月には、アジアをマザーマーケットとして商業銀行業務を力強く展開していくための戦略企画・業務企画組織として新興国戦略本部を東京およびシンガポールに設置しました。また、2014年4月には、新中期経営計画で掲げるビジョン「アジア・セントリック」の実現のため、アジア地域における中長期戦略の企画立案、戦略・施策の推進を統括する組織として、「アジア戦略企画室」(国際統括部の部内室)を東京に設置しました。

今後も当行の拠点ネットワークとその専門性、および他金融機関との業務提携を有効に活用して、急速に成長するマーケットの変化とお客さまのニーズ、課題の多様化に最適なソリューションを提供してまいります。

海外営業拠点所在地一覧

アジア・オセアニア地域における主なサービス内容

金融ソリューションの提供

当地域における法人のお客さま(日系・多国籍・各国地場企業など)のビジネス展開(資金調達手法多様化/高度化、事業領域拡大)などに最適なオーダーメイドのソリューションを提供します。ワンストップでのディスカッションを通じて個別のニーズを明確化、それらに対する各種解決策のご提案を、当行のグローバルネットワークのリソースを結集し行っています。

シンジケートローン

シンガポール・香港・台湾・韓国・オーストラリアに専門部隊を配置。日米欧のネットワークを駆使し、お客さまの多様なニーズにあわせ、大型の資金調達を実現します。

プロジェクトファイナンス

アジア・オセアニア地域の電源開発(再生可能エネルギーを含む)、道路、水道、鉄道、病院などの社会インフラ開発、石油化学プラント建設、石油ガス・鉱山資源開発、資源開発設備など、各種プロジェクトへの融資組成・融資組成助言業務に関し、業界トップクラスの実績を有しています。そのノウハウ・経験と、国内外の公的輸出信用機関、出資参加している政府系インフラファイナンスカンパニー(シンガポールおよびインドネシア)との協働など、お客さまへ多角的かつ最適なサービスを提供します。

キャッシュマネジメントサービス(CMS)

WEBバンキングサービス「SMAR&TS」を中心に、各国独自の決済システムに対応したサービスや域内全般を管理するサービスなど、幅広いソリューションを準備しお客さまの多種多様なご要望にお応えしています。

トレードファイナンス

シンガポールを中核拠点として、アジア・オセアニア主要各国にトレード専門部隊を配置し、アジア・オセアニア域内のお客さまにコモディティファイナンス、サプライチェーンファイナンス、ストラクチャードファイナンスといった多様なトレードファイナンス商品を提供しています。

為替・デリバティブ

トレジャリー部門を設置しており、為替先物予約・通貨スワップ・金利スワップ・コモディティスワップなどの金融商品を提供しています。またお客さまに相場情報提供および的確なソリューション提案を実施する専門のセールス部隊を配置しており、アジア・オセアニア全拠点をカバーしています。

業務提携先

アジア・オセアニア地域における当行の業務提携先として、Kotak Mahindra Bank(インド)、RHB Bank(マレーシア)、Vietnam Eximbank(ベトナム)、Metropolitan Bank & Trust(フィリピン)、Bank Central Asia(インドネシア)、Kanbawza Bank(ミャンマー)、ACLEDA Bank(カンボジア)、東亜銀行(香港)、国民銀行(韓国)、第一商業銀行(台湾)、Khan Bank(モンゴル)などがあります。