お客さまに関する情報のSMBC日興証券との共有について

戻る

株式会社三井住友銀行(以下、「三井住友銀行」)とSMBC日興証券株式会社(以下、「SMBC日興証券」)の両社は、今後、互いに連携して、多様化するお客さまのニーズに的確にお応えし、迅速で質の高い提案やソリューションを総合的にご提供させていただきたいと考えております。

そのために、当行は「オプトアウト方式」(※)により、下記のとおり、SMBC日興証券との間で、お客さまの情報を相互に提供し、これを利用させていただきます。

  • あらかじめ、お客さまに関する情報を相互に提供させていただく旨を、お客さまに通知することにより、お客さまに情報提供停止の機会を適切にご提供している場合は、お客さまから「情報相互提供停止の通知」をいただくまでは、かかる情報提供につきお客さまからの「書面による同意」をいただいたものとして取り扱わせていただく方式をいいます(金融商品取引業等に関する内閣府令第153条第2項及び第123条第2項〔平成21年6月1日施行〕)。

1.「オプトアウト方式」による情報の相互提供の対象となるお客さま

「オプトアウト方式」による情報の相互提供の対象となるお客さまは、「貴社とのお取引に関する情報共有のお知らせ」書面を書留郵便により送付または持参させていただいたお客さまです。

2.相互提供・利用を行う情報の範囲

三井住友銀行およびSMBC日興証券が、お客さまの取引に関連してこれまでに知り得た情報および今後知ることとなる情報(守秘義務契約等の他の優先する取り決めがある場合は、当該取り決めによることとします。)
なお、お客さまのご判断で例外扱いを希望される場合には、お客さまのご指示に従います。つまり、お客さまから情報を頂くに先立ち、個別にご指示を頂いた場合には、三井住友銀行とSMBC日興証券との間で当該情報の共有を行いません。

3.情報の相互提供・利用を行う会社の範囲

三井住友銀行およびSMBC日興証券

4.情報の相互提供・利用の方法

三井住友銀行およびSMBC日興証券は、情報漏洩防止等に十分留意した上で、適切な方法により情報の相互提供・利用を行います。

5.提供先における情報の管理方法

三井住友銀行およびSMBC日興証券は、相互提供の結果、保有することとなったお客さまの情報について、法令等および各社の情報管理に係る社内規程に則り、目的外利用禁止や情報漏洩防止等に万全を期して管理します。

6.情報の利用目的

お客さまのニーズに的確にお応えする金融商品・サービスを迅速にご提案・ご提供させていただくため。
なお、提供先がお客さまに各種金融商品やサービス等のご提案やご提供をする場合は、提供先の勧誘方針に従って、適切に実施致します。各社の勧誘方針については、以下の各社ホームページをご参照ください。

7.情報の相互提供の停止

お客さまより「情報相互提供停止の通知」をいただいた場合、速やかに情報提供を停止いたします。ただし、上記通知をいただいた場合でも、例えば、以下の場合にはお客さまの情報を相互に提供させていただくことがありますので、ご留意ください。

  • 内部の管理及び運営に関する業務(法令遵守管理に関する業務、損失危険管理に関する業務、内部監査・検査に関する業務、財務に関する業務、経理に関する業務、税務に関する業務、グループ証券会社等の経営管理に関する業務、有価証券の売買・デリバティブ取引その他の取引に係る決済及びこれに関連する業務)を行うために必要な情報の授受
  • 法令等に基づいて行う情報の授受

なお、上記通知をいただく前に相互に提供した情報については、各社において引き続き保有し、利用することがあります。当該情報については、上記5.の方法に従い、管理いたします。

情報相互提供停止の通知PDF(27KB)

8.ご留意事項

  1. (1)既に書面により情報の相互提供・利用について同意をいただいているお客さまにつきましては、引き続き、当該書面による同意に基づき、情報の相互提供・利用を行わせていただきます。
  2. (2)お客さまの情報の取扱いに関して、守秘義務契約等の他の優先する取り決めがある場合は、当該取り決めによることとします。

9.照会・受付窓口

本件に関するご照会につきましては、お取引店で受け付けております。

また、情報の相互提供の停止をご希望のお客さまは、お取引店にお申し出いただくようお願い申し上げます。なお、以下の本部窓口でも郵送受付を行っております。

郵送受付窓口

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-2
株式会社三井住友銀行 品質管理部

〒104-8271 東京都中央区新川1-28-23 東京ダイヤビル5号館
SMBC日興証券株式会社 お客様相談室