三井住友銀行での取り組み

戻る

サービス利用者毎の権限設定

法人向けインターネットサービス「パソコンバンクWeb21」、「Global e-Tradeサービス」、「i-Deal」では、サービス利用者ごとに操作出来る内容を設定することが可能です。

パソコンバンクWeb21の場合

セキュリティを考慮した権限設定を行うようにしてください。

パソコンバンクWeb21@Mail

法人向けインターネットバンキング「パソコンバンクWeb21」にはオプションサービスとして「パソコンバンクWeb21@Mail」があります。このパソコンバンクWeb21@Mailは振込入金があった場合や、口座の残高がお客さまの設定された残高より下回った場合に、いち早くメール電子メールでお知らせする大変便利なサービスです。

たとえば、このサービスにある「残高割込のお知らせ」機能を活用すれば、設定残高を割り込んだ場合に電子メールでお知らせしますので、不測の出金があっても、いち早くご確認いただくことができます。

また、パソコンバンクWeb21@Mailでは、S/MIME形式の電子署名付メールを利用しており、送信元が確かに三井住友銀行であることや送信内容が改ざんされていないことをご確認いただけますので、フィッシング等の心配もありません。(携帯端末のメールアドレスには、電子署名は付与されません。)

電子署名付き電子メール(S/MIME)