あなたの対策は?

戻る

対策の基本その1

「不審なメール、心当たりのないメールの添付ファイルは絶対に開かないこと」

犯人が送る電子メールはますます巧妙化しています。心当たりのないメールの添付ファイルを開いてしまった場合には、ウィルス対策ソフトやスパイウェア対策ソフトを使ってパソコンの中を必ずチェックしてください。

また、CASE2の例の通り送信元に心当たりのある場合でも注意が必要です。犯人はホームページなどであなたの会社のことを調べ、あなたの会社の関係者や顧客を装ってメールを送ってくるかもしれないからです。
万が一、ウィルスやスパイウエア等に感染してしまうことを考慮し、日頃からウィルス対策ソフト等の更新やOS・Webブラウザを最新の状態にしておくことを心がけてください。

コラム:あなたの会社が狙われる?

ファイルの種類を表す「拡張子」を確認することによって、「危険性のあるファイル」と「危険性のないファイル」を事前に見分けることもできます。パソコンを使う上で、是非覚えておいて欲しい内容です。

コラム:拡張子に注意!

  • 「簡単やさしいセキュリティ教室(個人編)」へのリンクです。
    リンク先からこのページに戻るには、ブラウザの「戻る」ボタンを押してください。

対策の基本その2

「怪しいホームページに訪れたり、信頼できないホームページからダウンロードしたプログラムを実行しないこと」

CD-ROMや電子メール以外にも、このような悪意を持ったプログラムに感染するケースがあります。
ウィルスやスパイウェアの中には、ホームページからダウンロードしたプログラムを実行したことで感染するものや、ページを閲覧しただけで感染するものがあるからです。

このようなウィルスやスパイウェアに感染しないようにするためには、「警告メッセージに注意する」「ブラウザの設定の見直し」「OSやブラウザのセキュリティ対策」が有効です。

  • 「簡単やさしいセキュリティ教室(個人編)」の「お使いのパソコン、本当に大丈夫ですか?」へのリンクです。
    リンク先からこのページに戻るには、ブラウザの「戻る」ボタンを押してください。