財形年金預金

戻る

特徴

満55歳未満の従業員のみなさまはどなたでも加入できます。

満55歳未満の従業員の方なら勤務先の規模・職種などに関係なく加入できます。なお、役員の方でも代表権・業務執行権をもたない工場長・部長などを兼務している方は加入できます。

ただし、おひとりさま1契約です。複数の金融機関での契約はできません。(一般財形預金、財形住宅預金との併用は可能です)

積立方法

給与・賞与からの天引きによるお預け入れとなります。

将来の年金づくりを目的とした貯蓄です。

満60歳に達した日以降、定期的に年金方式で受け取ることができます。
据置期間は6ヵ月以上5年以内で、年金の受取期間は5年から20年の間で自由に決めることができます。

非課税制度がご利用いただけます。

財形住宅預金と合わせて元金合計550万円まで非課税です。
退職後も年金のお受け取りが終わるまでこの適用が受けられます。
ただし、目的外のお引き出しについては、過去5年間の利息および解約利息に20.315%の遡及課税となります。
(非課税要件等の詳細については、お取引店にご相談ください。)

  • 財形年金預金は預金保険の対象です。預金保険については窓口までお問い合わせください。

事業主さま

財形制度の導入および財形年金預金の詳細については、お取引店にご相談ください。

従業員さま

財形年金預金へのお預け入れについては、制度導入の有無等を事業主さまにご確認のうえお手続ください。

(2013年10月25日現在)