確定拠出年金とは(個人型と企業型)

確定拠出年金制度の位置づけ

公的年金や企業年金などの従来の年金制度は「確定給付年金」と呼ばれ、国や企業が将来の年金の額を約束していますが、「確定拠出年金」では、加入者自身が資産を運用するため、将来支給される年金額はそれぞれの運用次第で違ってきます。

  • 公的年金

    1階部分:全国民共通の基礎年金

    2階部分:基礎年金の上乗せとしての厚生年金保険

  • 公的年金を補完

    3階部分:厚生年金保険の上乗せとしての厚生年金基金、確定給付企業年金、確定拠出年金等(その他、基礎年金の上乗せとしての国民年金基金等)

個人型と企業型の違い

確定拠出年金には、個人型と企業型があります。
個人型と企業型の両制度に重複して加入することはできません。

  個人型年金 企業型年金
加入対象者 公務員・専業主婦を除く、60歳未満の国民年金第1号被保険者及び第2号被保険者等
  • 企業年金等(※1)の対象となっておらず、かつ企業型の確定拠出年金の対象となっていない企業の従業員
  • 自営業者等
労使合意に基づき確定拠出年金制度を実施する企業の従業員
掛金の拠出 個人からの拠出のみ
(会社の拠出不可)
会社からの拠出に加え、規約に定めれば、個人からの拠出も可能(※2)
規約
  • 国民年金基金連合会が規約を制定
  • 本人の申請による任意加入
  • 労使合意に基づき確定拠出年金規約を制定
  • 加入資格について差別的取扱禁止(一定条件の下、特定の者を加入者とすることも可)
  • ※1「企業年金等」とは厚生年金基金、確定給付企業年金等の企業年金制度のことです。
  • ※2平成24年1月より、いわゆる「マッチング拠出」として、企業型年金規約に定めることで個人(加入者)の拠出も可能になりました。
    個人(加入者)の拠出額は、次の(ア)(イ)の両方を満たすことが必要です。
(ア)個人の拠出額と会社の拠出額の合計が法令上の拠出限度額(*)以下
(イ)個人の拠出額が会社の拠出額以下
  • (*)他に企業年金がある場合27,500円/月、他に企業年金がない場合55,000円/月