国際キャッシュカードサービス

戻る

商品詳細

<PLUS>
<PLUS>マーク表示のある海外のCD・ATMで現地通貨のお引き出しや残高照会ができます。
(三井住友銀行の海外支店等にはATMは設置しておりません)

国・地域や銀行によっては、<PLUS>マークが表示されていても、銀行のシステムやCD・ATMの障害、通信回線の事情等によりご利用いただけない場合があります。その時は、他所の<PLUS>マークのあるCD・ATMをご利用ください。

海外でのお引き出し

普通預金のお引き出しのみご利用いただけます。ご指定の現地通貨額を日本円に換算し、手数料とともに普通預金口座から即時に引き落とします。

  • 海外では、国際キャッシュカードは普通預金のお引き出し専用カードとなるため、預金へのお預け入れ、またお買物等にはご利用できません。
  • カードローンはご利用いただけません。
  • 日本で口座に入金した直後から、海外でお引き出しいただけます。
  • 総合口座普通預金の場合、当座貸越(以下、「貸越」といいます)のご利用はできません。

海外での残高照会

普通預金残高を現地通貨に換算して表示します。

  • 残高照会のお取扱ができないCD・ATMもあります。
  • 残高の有無にかかわらず、「0」と表示するCD・ATMがあります。
  • 残高照会手数料54円を差し引いた金額で表示します。
  • 総合口座普通預金の場合、貸越可能額については、預金残高の範囲に含まれません。

海外でのご利用手数料

お引き出し ご利用1回につき108円(税込)
残高照会 ご利用1回につき54円(税込)
  • 上記手数料に加え、CD・ATM設置銀行独自の手数料がかかる場合がございます。

海外での換算レート

Visaが定めたレートに5%を加算したレートで、円貨に換算いたします。

  • Visaでは、グリニッジ標準時を基準に毎日レートを定めていますので、日本時間で同日であっても利用時間によっては換算レートが異なる場合があります。
  • Visaが定めるレートは事前に公開されていません。実際に国際キャッシュカードをご利用いただいた金額のレートにつきましては、ご利用の3営業日後よりお答えいたしますので、お取引店の窓口までお問い合わせください。

1回のご利用限度額

CD・ATM設置銀行が、独自に設定しています。

1回に多額の現金はお引き出しできません。例えば、アメリカでは多くの場合、1回200〜500ドル(日本円で2〜6万円程度)のご利用限度額となっています。フィリピンでは多くの場合、1回3,000〜10,000ペソ(日本円で7千円〜2万円程度)、また、国や地域によっては更にご利用限度額が低い場合もあります。

  • 各国、各銀行の1回のご利用限度額については三井住友銀行では分かりかねますので、現地でご確認ください。

1日のご利用限度額

CD・ATM設置銀行が、独自に設定しています。

1日に多額の現金はお引き出しできません。

1日のご利用限度額は、当行では、ご預金残高の範囲内で、日本円に換算して、最高20万円以内のご利用とさせていただいております(なお、20万円以内でお客さまのご希望に応じて、任意に1日のご利用限度額を1万円単位で設定することができます。くわしくはお取引店にお問い合わせください)。ただし、海外の各銀行が1日のご利用限度額として当行よりも低い金額を独自に設定している場合も多くあります。その場合は、海外の各銀行が設定している低い金額の限度額までしかご利用になれませんので、CD・ATM設置銀行へお問い合わせください。

  • 各国、各銀行の1日のご利用限度額については三井住友銀行では分かりかねますので、現地でご確認ください。
  • 総合口座普通預金の場合、貸越可能額については、預金残高の範囲に含まれません。

資金使途について

本サービスを利用して海外CD・ATMでお引き出しされる場合の資金使途は、外国為替および外国貿易にかかる関連諸法令の規定にもとづき、次の通り限定されています。

「居住者」の場合
(日本に住所を有する個人で、海外旅行者等)
現地での滞在費、生活費、土産物等の物品購入費
「非居住者」の場合
(日本国籍を有する個人で、海外勤務者等)
現地での日常生活費等