お取引レポート用語集

投資信託等の明細

【このページで表示される内容】

  1. 1.基準日時点での投資信託の残高を表示します。
  2. 2.1ヵ月間の投資信託のお取引の明細を表示します。
  • 残高のない口座については表示されません。
  • 証券総合口座でお取り引きされたSMBC日興証券の投資信託は表示されません。

投資信託

投資信託の月末残高

項目名 表示内容
口座番号 口座番号を表示します。
  • 店舗統合、口座移管等で口座番号が変更になった場合は、基準日時点の口座番号を表示します。
資産区分 お取引状況サマリーに表示するどの資産区分に該当するかを表示します。
ファンド名称 ファンドの名称を表示します。
数量(口) 受渡日基準のお預り残高を表示します。
個別元本 投資信託を購入されたときの基準価額を表示します。国内株式投信については、当月最終営業日時点の個別元本を表示します。個別元本は、受渡日基準でなく、約定日基準で算出しますのでご留意ください。
  • 平成12年3月31日以前に購入された明細については、平成12年3月31日時点での平均信託金が個別元本となります。
  • 外国投信については本欄は表示されません。
(計算口数) 基準価額の表示単位を表します。
評価金額 以下の計算式で算出される金額を表示します。
評価金額 = 評価単価 × 数量 ÷ 計算口数
(評価単価) 当月最終営業日の基準価額を表示します。
  • 外国投信(外貨建)の場合は、当月最終営業日に銀行が把握している最新の価格を、小数点二桁まで表示します。
評価損益

基準日の評価金額・数量(口)・個別元本/取得単価に基づき、次のとおり算出しています。

<基準月が2006年8月以降のレポート>

【特定口座に組入済のファンドの場合】
 評価金額 − (取得単価 × 数量(口) ÷ 計算口数)

【特定口座に組入されてないファンドの場合】
 評価金額 − (個別元本 × 数量(口) ÷ 計算口数)

  • 計算口数は基準価額の表示単位を表します。
  • 評価損益については、約定日が当月最終営業日までの購入・解約取引を反映した約定日基準の数量(口)を基準として計算します。
  • 上記括弧内は、特定口座に組入済のファンドの場合、小数点以下切上げ、特定口座に組入されてないファンドの場合、小数点以下四捨五入で計算します。

<基準月が2006年7月以前のレポート>

評価損益 = (評価単価 − 個別元本) × 口数 ÷ 計算口数

  • 「評価損益」欄については、当月最終営業日(約定日が翌営業日となるファンドの場合は、その前営業日も含みます)の追加購入取引は反映されませんのでご留意ください。
  • 外国投信については本欄は表示されません。

(計算例)(特定口座に組入れされていないファンドの場合

個別元本:9,000.00円、数量(口):100,000口
基準価額:10,000円、計算口数:10,000口のファンドの場合

  1. 1.評価金額 =基準価額 × 数量(口) ÷ 計算口数
    = 10,000円 × 100,000口 ÷ 10,000口
    = 100,000円
  2. 2.評価損益=評価金額 −(個別元本×数量(口)÷計算口数)
    = 100,000円 − (9,000円 × 100,000口 ÷ 10,000口)
    = 100,000円 − 90,000円
    = 10,000円
  • 括弧内小数点以下四捨五入
円換算評価額 以下の計算式で算出される金額を表示します。
評価金額 × 当月最終営業日の銀行TTBレート
(償還日) 償還期限のないファンドは表示されません。

投資信託のお取引の明細

  • 当月中に受渡または約定が行われた取引を表示します。
項目名 表示内容
口座番号 口座番号を表示します。
  • 店舗統合、口座移管等で口座番号が変更になった場合は、基準日時点の口座番号を表示します。
ファンド名称 ファンドの名称を表示します。
約定日 お取引ごとの約定日を表示します。
受渡日 お取引ごとに投資信託保護預り口座への残高の受け渡しが行われる日を表示します。
数量(口) お取引ごとの売買数量を口数で表示します。
単価 お取引ごとの約定単価を表示します。
  • 外国投信(外貨建)の場合、小数点二桁まで表示します。
約定金額 お取引ごとの約定金額を表示します。
(計算口数) 各単価が適用される単位口数を表示します。
手数料(税込) お取引ごとの取扱手数料を表示します。
為替相場 外貨建ての投資信託を円貨決済方式でお取引いただいた場合に、換算レート(為替相場)を表示します。
精算金額 この取引で受け渡しされる代金を表示します。約定金額に手数料、税金等を加減して算出します。