お客さま本位の業務運営に関する取組方針

戻る

株式会社三井住友フィナンシャルグループリテール事業部門(以下「SMFGリテール事業部門」)は、2017年6月30日に「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を策定いたしました。
具体的な取組方針は以下の通り。今後、定期的に本取組方針に基づく具体的な取組状況を公表いたします。

取組方針 1.中長期分散投資を軸としたお客さま本位の運用提案 2.お客さま本位の商品ラインアップの整備 3.お客さま本位のアフターサービスの充実 4.お客さま本位の業績評価体系の整備 5.コンサルティング力向上に向けた取組み

SMFGリテール事業部門は、各社の特徴を活かして、グループ全体としてお客さまの幅広いニーズに対応してまいります。

さまざまなニーズをお持ちのお客さまに対してグループ一体でサポート 三井住友銀行 顧客基盤を活かした更なるお客さまの拡大 特に、「資産を守りたい」「これから資産を形成していきたい」というニーズをお持ちのお客さまへの提案力に強み SMBC日興証券 高度・多様な運用ニーズをお持ちのお客さまへのきめ細かいサービスの提供 幅広い商品のラインアップを望むことを含め、特に、より高度・多様なニーズをお持ちのお客さまへの提案力に強み SMBC信託銀行 PRESTIA 「外貨」のエッジを活かしたサービス提供 特に、外貨トランザクションをはじめ、外貨に関して高度なニーズをお持ちのお客さまへの提案力に強み

SMFGリテール事業部門は、お一人おひとりのお客さまに適した、お客さまのお役に立つご提案に努めてまいります。

そのため、我々は自らの指針として、5つの取組方針を公表いたしました。

本取組方針に沿った、中長期分散投資を軸とした運用提案をはじめ、継続的な取組について、お客さまのご理解をいただくことで、お客さまからのお預かり資産の着実な増加に繋がっております。

  • 運用資産残高増加額
    三井住友銀行+SMBC日興証券
  • 2013〜2015年度は四半期平均
  • 銀行:リテール部門(個人)、日興:営業部門(個人)

1.中長期分散投資を軸としたお客さま本位の運用提案

資産分散

リスク軽減効果としての資産分散のご提案を通じて、分散型商品による運用が拡がっております。

  • 運用商品の商品別販売比率

三井住友銀行

資産分散のため、分散型商品をコア商品として提案してまいります。

  • 日興への紹介顧客に対する販売額を含まず

SMBC日興証券

分散型商品をコアとしつつ、エッジの効いた商品販売にも取り組んでおります。

  • 銀行からの紹介顧客に対する販売額を含む

通貨分散

通貨分散のご提案を通じて、お客さまからお預かりする外貨建資産が増えております。

  • 外貨定期預金預入額(億円)

三井住友銀行

  • 円を原資に取り組んだ外貨定期預金の金額
  • 「新規割合」は、上記のうち前期末に外貨預金残高の無いお客さまの預入額の比率

時間分散

市況環境に拠らない、着実且つ効率的な資産形成手段として、自動積立が増えております。

  • 投資信託・外貨自動積立件数(件)

三井住友銀行

  • 外貨自動積立は2015年4月より取扱開始

2.お客さま本位の商品ラインアップの整備

お客さまの「資産を守りたい」、「これから資産を形成していきたい」というニーズにお応えできるよう、グループ会社の商品に関わらず、商品の充実に努めており、グループ会社商品比率は以下の状況となっております。

  • 投資信託のグループ会社商品比率

三井住友銀行

SMBC日興証券

3.お客さま本位のアフターサービスの充実

運用商品ご購入のお客さまに対し、必要に応じ、販売時の担当者による商品説明がわかりやすく、十分に行われていたかを確認し、お客さまの不安解消に努めてまいります。

4.お客さま本位の業績評価体系の整備

お客さまからお預かりする資産の残高を重視することに加えて、商品特性ごとに一定料率で評価する等、個別商品の手数料率に拠らない評価により、より一層お客さま本位の販売に努めてまいります。

5.コンサルティング力向上に向けた取組み

お客さまの幅広いニーズに最適なご提案ができるよう、コンサルティング力の継続的な向上を図ってまいります。

なお、三井住友銀行は「J.D.パワー」が、日本の金融機関を対象に行った個人向け投資サービス(資産運用サービス)に関する満足度調査で、2年連続でNo.1※を受賞しております。

  • J.D. パワー “投資サービス満足度No.1<全国系銀行部門>”
出典:
J.D.パワー2016-2017年日本投資サービス顧客満足度調査。2017年の調査は全国系銀行で投資サービスを利用している顧客2,959名から回答を得た結果。japan.jdpower.com
ご留意点開く