ジェイデビットカード

戻る

キャッシュカードでお買い物やご飲食等ができます。

ご利用可能口座およびキャッシュカード

普通預金口座(総合口座普通預金を含みます)のキャッシュカード。

  • 貯蓄預金、当座預金、カードローン等はご利用いただけません。
  • 生体認証でのお取引(クレジット一体型キャッシュカードを含む)はご利用いただけません。
  • ICキャッシュカード(クレジット一体型キャッシュカードを含む)は、キャッシュカードの出金限度額範囲内でご利用いただけます。(平成25年2月18日(月)より、ICチップ取引が可能な加盟店端末でご利用いただけるようになりました)

当行のジェイデビットカードサービスがご利用可能な時間帯

24時間利用可能(毎週日曜日21:00〜翌月曜日7:00を除く)

  • ただし、加盟店のジェイデビットカードサービス利用可能時間範囲内でのご利用となります。

年会費・手数料

無料

  • 喪失等に伴うキャッシュカード再発行手数料1,080円(消費税込)/枚は別途必要となります。

加盟店への端末設置台数

全国約45万ヵ所に設置されている端末でご利用いただけます。(平成25年1月21日現在)

  • デパート・飲食店・ガソリンスタンド等、「J-Debit(ジェイデビット)」マークの表示があるお店でご利用いただけます。

ジェイデビットカードサービスご利用限度額

1日あたりのご利用限度額(初期設定額)

個人 :50万円
法人 :100万円

ご注意いただきたい限度額設定と使用例

【事例】
ICキャッシュカードの出金限度額の設定例とジェイデビットカード使用例

【設定例】

ICチップ取引の出金限度額 50万円 ジェイデビットカードサービス(ICチップ取引)のご利用限度額は50万円となります。また、ジェイデビットカードサービス(磁気ストライプ取引)のご利用限度額は10万円となります。
ただし、1日あたりのご利用限度額は、ICチップ取引と磁気ストライプ取引合算で50万円となります。
磁気ストライプ取引の出金限度額 10万円
ジェイデビットカード取引のご利用限度額 50万円
図:設定例

ICキャッシュカードの1日あたりのご利用限度額については「ICキャッシュカードについてのご留意点」をご覧ください。

ご利用限度額の変更

個人:1万円〜50万円(1万円単位)の範囲内で変更可能
法人:1万円〜300万円(1万円単位)の範囲内で変更可能

サービスの利用停止、利用再開、ご利用限度額の変更手続方法

手続内容 手続方法
窓口
(個人・法人)
お電話(1)
(個人のみ)
利用停止
利用再開
利用限度額減額
利用限度額増額 △(2)
  • ※1SMBCダイレクト ライトをご利用のお客さまは、ご利用いただけません。
  • ※2暗証カードをご利用のお客さまのみお手続きいただけます。(第2暗証まで必要)

ご利用控え

ご利用時には、その場でご利用控えをお渡ししますので必ず金額等利用内容をご確認ください。また、万一のトラブルの際、証明として必要となることもありますので大切に保管してください。

通帳表示

ジェイデビットカードサービスをご利用された場合、原則通帳の摘要欄に、「JD+加盟店名等」と印字されます。ご利用日およびご利用金額をご確認ください。

取扱規定について

ジェイデビットカードサービスのご利用については、キャッシュカード(普通預金・貯蓄預金)規定およびジェイデビットカード取引規定が適用されます。

加盟店に関するお問い合わせ

加盟店に関するご照会は、加盟店へ直接お問い合わせいただくか、日本デビットカード推進協議会ヘルプデスクへお問い合わせください。

【日本デビットカード推進協議会】

ヘルプデスク 03-3986-7960

受付時間:平日 8:00〜21:00(祝日・振替休日・12月29日〜1月3日を除きます)

日本デビットカード推進協議会のWebサイトはこちら

(日本デビットカード推進協議会のサイトを新しいウインドウで開きます。)

ジェイデビットカードサービスご利用限度額の留意点開く