ステップ1. 外貨での資産運用を知る

戻る

お金を運用するなら「日本国内の資産で」とお考えの方も多いかと思います。ここでは、海外の資産で運用する意味を考えてみましょう。

海外と日本の金利

  • 海外に目を向けると、日本より金利の高い国や地域があることがわかります。

■各国政策金利の10年間(2006年4月〜2016年3月)平均

出所:Bloomberg L.Pのデータに基づき三井住友銀行作成。

  • (注)各月の政策金利を基準として平均金利を算出。

日本は2013年4月以降、金融政策の操作目標がマネタリーベースに変更となったが、従前の政策金利を表中に図示。なお、2016年1月のマイナス金利導入決定後も、マネタリーベースを目標とする政策枠組には変更がない。

各国政策金利の10年間(2004年11月〜2014年10月)平均金利は国や地域によって違うのね。
金利が高いのは魅力的だわ。

海外の経済成長と通貨価値の関係

  • 海外には日本より経済的成長の期待できる国や地域があります。一般的に、投資する国や地域の経済が成長すると、その国の通貨の価値は上昇するといわれています。

■2020年のGDPランキング(予測)

2020年のGDPランキング(予測)

出所:IMF"World Economic Outlook Database October 2015"のデータに基づき三井住友銀行作成。

  • (注)経済、市場等に関する予測は、高い不確実性を伴うものであり、大きく変動する可能性があります。

当行及び予測機関は、数値の達成を保証するものではありません。

将来、日本より、経済成長が期待できる国や地域は、たくさんあるのね。

日本国内の外貨建金融資産残高

  • ここ数年、日本国内でも家計における外貨建金融資産残高が増えています。

■家計における外貨建金融資産残高

家計における外貨建金融資産残高

出所:日本銀行「資金循環統計(2014年第2四半期速報):参考図表」「資金循環統計(2015年第3四半期速報):参考図表」に基づき三井住友銀行作成。

  • (注)家計の外貨建金融資産残高は、いずれも試算値。

家計においても、外貨建金融資産への関心が高まっているってことね。

ワンポイントアドバイス

このように海外に目を向けると、日本国内の資産にない魅力的なところがたくさんあります。世界における日本の現状から、「日本国内の資産」での運用だけでなく、外貨での資産運用を考えてみませんか?

コラム世界と日本の食料事情

食料の価格は、どう推移しているでしょうか?

世界では、食料の価格(米ドルベース)が上昇し、約15年間でおよそ1.8倍になっています。

食料価格が上昇する要因の一つには、世界の人口増加による食料の需要拡大があります。

食料価格指数の推移(米ドルベース)

出所:国際連合食糧農業機関(FAO)「FAO食料価格指数」(2016年3月3日リリース資料)に基づき三井住友銀行作成。

期間:2000年〜2015年

世界の人口の推移

出所:総務省統計局「世界の統計2016<世界人口の推移(1950〜2050年)>」に基づき三井住友銀行作成。

期間:1995年〜2015年

日本の食料自給率は、どうなのでしょうか?

日本は、他の国々に比べ食料自給率が低く、食料を輸入に頼っている状況です。今後の為替動向によっては、国内食料品の価格が影響を受ける可能性があります。

食料自給率の国際比較(カロリーベース)

出所:農林水産省「諸外国・地域の食料自給率(カロリーベース)の推移(1961〜2014年)(試算等)」に基づき三井住友銀行作成。

  • (注)カロリーベースの食料自給率は、総供給熱量に占める国産供給熱量の割合

外貨預金のご相談・お申込

今すぐお取り引きしたい方

インターネットバンキング
ログイン

普通預金口座をお持ちでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)未契約のお客さまは、利用登録(無料)が必要です。

もっとくわしくお知りになりたい方

外貨預金の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトをご利用の場合は、外貨預金の預入・解約等をご利用いただけません。
SMBCダイレクトの全てのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

【個人のお客さま】

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

【法人のお客さま】

 お取引店へお問い合わせください。

外貨預金の留意点開く