ステップ2. 外貨預金の特徴を知る

戻る

次に、外貨で運用する一つの手段である「外貨預金」の特徴について、解説いたします。

外貨預金とは

  • 外貨預金とは、円貨を外貨(米ドルやユーロ)に替える等して、外国のお金で運用する預金のことです。まずは、しっかり外貨預金の特徴とリスクを理解したうえで、外貨預金をはじめることがポイントです。

<外貨預金の主な特徴>

  • 通常、1ヵ月〜1年の定期預金と普通預金が用意されています。
  • 外貨預金は預金保険の対象外です。(預金保険については窓口までお問い合わせください。)

外貨預金のリターンとリスク

  • 外貨預金は、リターンが期待できる一方、リスクもあります。
外貨預金のリターンとは、金利(利息)と為替差益を足したものになります。

外貨預金には金利(現時点では円預金の金利より高いものがある)と為替による差益(為替が円安に動いた場合に発生)といった2つのメリットが期待できます。ただし、以下のリスクもあります。

外貨預金のリスクとは、為替差損と手数料を足したものになります。

為替が円高に動いた場合には差損が発生します。また、為替に変動がない場合でも、TTSレート(円貨から外貨に替えるレート)と、TTBレート(外貨から円貨に替えるレート)には為替手数料が含まれているため、元本割れの可能性があります。

留意事項についてはこちら

なるほど、外貨預金は金利による利息が得られる一方で、為替の変動によっては、元本割れになるリスクもあるのね。

外貨預金の金利

  • 現在、通貨によっては円預金よりも外貨預金の方が高金利なものがあります。

外貨預金の為替損益

  • お預入時、お引出時の為替レートの変動により為替差益・為替差損が生じます。
  • TTSレート(円貨から外貨に替えるレート)とTTBレート(外貨から円貨に替えるレート)には差(米ドルであれば1米ドルあたり2円)がありますので、外国為替相場に変動がない場合でも、払戻時の円貨額がお預入時の円貨額を下回り、「元本割れ」が生じるリスクがあります。
  • TTSレートとTTBレートの差は往復の為替手数料に相当し、相場公表通貨における差は1通貨単位あたり最大16円です。
1ドルを100円で購入。1ドルが90円の円高になった場合、損が発生。1ドルが110円の円安になった場合、利益が発生します。

なるほど、預け入れした時の為替レートより、引き出す時の為替レートが円安なら為替利益が、円高になれば為替差損が発生するのね。

外貨預金の為替手数料

  • 円貨から外貨に替える時と、外貨から円貨へ戻す時では為替レートが異なります。この差が為替手数料往復に相当します。
    TTSレートは、円貨から外貨に替える時のレートのことです。TTBレートは、外貨から円貨に替える時のレートのことです。
  • TTSレートとTTBレートについて
米ドルの場合、公表相場(仲値)1ドル=99円と仮定。TTSレートは円から外貨に替える時のレート。米ドルならTTSレートは仲値プラス1円で1ドル=100円。TTBレートは外貨から円に替える時のレート。米ドルならTTBレートは仲値マイナス1円で1ドル=98円。この場合TTSとTTBのレート差は仲値といい、三井住友銀行が設定する基準レートです。
  • 10万米ドル相当額以上のお預け入れやお引き出しの場合は、原則、市場実勢為替相場を用います。くわしくは窓口までお問い合わせください。
  • 為替手数料詳細は各外貨商品ページをご参照ください。

円貨から外貨に替える時と外貨から円貨に替える時も為替手数料がかかっているのね。

外貨として使う

  • 外貨預金は海外旅行に行くときに、外貨現金に替える方法もあります。
  • 外貨によるお預け入れまたはお引き出しの際には原則、手数料がかかります。外貨現金の場合、例えば米ドルであれば1米ドルあたり2円かかります。くわしくは窓口までお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

三井住友銀行では、様々な外貨預金商品を取扱しております。それぞれの商品の特徴をおさえて、自分にあった商品を選ぶのがポイントになります。

次は ステップ3.自分にあった外貨預金を見つける

外貨預金のご相談・お申込

今すぐお取り引きしたい方

インターネットバンキング
ログイン

普通預金口座をお持ちでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)未契約のお客さまは、利用登録(無料)が必要です。

もっとくわしくお知りになりたい方

外貨預金の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトをご利用の場合は、外貨預金の預入・解約等をご利用いただけません。
SMBCダイレクトの全てのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

【個人のお客さま】

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

【法人のお客さま】

 お取引店へお問い合わせください。

外貨預金の留意点開く