中長期外貨定期預金に関する留意点について

中長期外貨定期預金に関する留意点

  • ご検討にあたっては、最新の「商品説明書」を必ずご覧ください。「商品説明書」は当行本支店等にご用意しています。
  • 満期日前の解約は原則できません。やむを得ず当行が満期日前解約に応じる場合は清算金が発生する場合があり、払戻金額がお預入金額を下回り大きく元本割れするリスクがあります。
  • 外貨預金には、為替変動リスクがあります。外国為替相場の動向等によっては、払戻時の円貨額がお預入時の円貨額を下回る等、「元本割れ」が生じるリスクがあります。
  • TTSレート(円貨から外貨に替えるレート)とTTBレート(外貨から円貨に替えるレート)には差がありますので、外国為替相場に変動がない場合でも、払戻時の円貨額がお預入時の円貨額を下回り、「元本割れ」が生じるリスクがあります。
  • TTSレートとTTBレートの差は往復の為替手数料に相当し、相場公表通貨における差は1通貨単位あたり最大16円です。
  • 外貨によるお預け入れまたはお引き出しの際には原則、手数料がかかります。外貨現金の場合、例えば米ドルであれば1米ドルあたり2円、豪ドルであれば1豪ドルあたり9円かかります。送金等その他の手数料については、お取引内容により異なりますので、あらかじめ表示することができません。
  • 外貨預金は、預金保険の対象外です。預金保険については、窓口までお問い合わせください。
三井住友銀行/株式会社三井住友銀行