「売り先行」と「買い先行」のメリットとデメリット

「売り先行」の場合 「買い先行」の場合
メリット 手元に残る資金が確定するため、資金計画に狂いが生じない。 自宅の明け渡し時期を気にせず、新居をじっくり探せる。
売りあせる必要がないため、納得いく価格で売却できる可能性が高い。
デメリット 売却が決まれば、買い主に物件を引き渡すまでに買い換え物件を探さなければならない。 売却価格や売却時期が決まっていないため、資金計画に狂いが生じる可能性がある。

注意しなければならないのは、「売り」を先行させるか、「買い」を先行させるかという点です。それぞれにメリット・デメリットがありますが、資金計画等を含め、全体のプランを構築し、自分にあったパターンを見つけ出すことがポイントです。