債券(金融商品仲介)

戻る

  • 三井住友銀行の金融商品仲介業務はSMBC日興証券を委託元としており、お客さまのお取引の相手方はSMBC日興証券となります。
  • 三井住友銀行では、金融商品仲介業務として外国の通貨で発行される債券等をお取り扱いしております。
    外債の場合は、米ドル、ユーロ、豪ドル等の外貨で、払込や利金・償還金の受取が行われます(※1)
外債(利付債)への投資イメージ
  • ※1実際のお手続では、購入金額の払込や、外貨で支払われた利金・償還金の受取について、円貨をご指定いただくことも可能です(円貨での購入金額の払込、利金・償還金の円貨による受取の際は為替手数料がかかります。なお、償還金の支払や利払は、発行体の信用状態等により、遅延または不履行となる可能性があります。

外債の魅力とリスク

外債のご購入にあたっては、外債の魅力とリスクについてもあわせてご確認ください。

(1) 外債の魅力
外債の魅力は、海外の様々な国の通貨で運用ができることです。
外債の金利には、その通貨を発行している国の金利水準が反映されます。

(2) 外債のリスク(主なリスクとその要因)

市場変動リスク 金利水準や債券市況により債券価格は変動するため、満期前に売却する場合には、投資元本を割り込む可能性があります。
信用リスク 発行体の財務状況の変化により、利払や償還が遅延したり、不履行が発生し、投資元本を割り込む可能性があります。
為替変動リスク 為替相場の変動により、利金、償還時および中途売却時の円貨での受取金額は変動し、投資元本を割り込む可能性があります。
流動性リスク 債券市場での売買額が少額である等により、売却希望時に債券を売却できず、損失が拡大する場合があります。
カントリーリスク 発行体の国の政治・経済・社会情勢の混乱等による債券の売買の制限等から、損失を被ることがあります。

【格付け】債券の発行者の信用リスクを判断する目安のひとつとして格付けがあります。
格付けは、格付機関が発行者の信用度を調査し、記号で表したものです。
代表的な格付機関の格付記号と意味は下表の通りです。

≪ご参考≫海外大手格付機関の格付

海外大手格付機関の格付

債券(金融商品仲介)のお申込

店舗にてお問い合わせください。

店舗検索

金融商品仲介に関する留意点開く