あなたの対策は?

戻る

さて、問題の答えですが、「すべて危険」が正解です。

生年月日や電話番号を暗証番号に設定しない。

お店やネットで会員登録する際に、生年月日を記入したり身分証明書の提示を求められるケースは少なくありません。キャッシュカードに絡んだ犯罪被害に遭ってしまった人の多くが、暗証番号を生年月日や電話番号など、他の人が推測できる情報にしていました。

暗証番号は推測されにくい番号にする。

キャッシュカードを偽造されても、暗証番号がわからなければ犯人はお金を引き出すことができません。
暗証番号は推測されにくい番号にしましょう。