どんな犯罪が起こっているの?

戻る

実は、最初の電話の警察官も銀行員も全員が偽物。言葉巧みにキャッシュカードの暗証番号を聞き出したうえ、三井住友銀行や銀行協会を名乗ってキャッシュカードを騙し取る手口です。

警察官などを名乗り、お客さまが不正出金の被害に遭ったり、事件への関与が疑われているなど、不安を煽ります。

その後、銀行や銀行協会、官公庁などを名乗る電話で暗証番号を聞き出したうえで、自宅に銀行員や銀行協会の職員を名乗るものが訪れます。
身分証明証などを提示して信用させ、キャッシュカードを受け取ります。
犯人はこうしてあなたのキャッシュカードと暗証番号を手に入れ、預金を引き出すのです。

それでは、ここで問題です。

問題2
キャッシュカードについて、怪しいと思われるのはどの場面でしょう。

1

銀行協会から「あなたのキャッシュカードが偽造されている」という連絡があった。

2

「偽造されたキャッシュカードは作り直す必要がある」と説明され、暗証番号を聞かれた。

3

「偽造されたキャッシュカードは回収する必要がある」と言われ、カードを渡した。

みなさんはもうおわかりですね?

それでは、答えを見ながら具体的に注意すべきポイントを見てみましょう。