三井住友銀行での取り組み

戻る

パスワードカードの導入

『パスワードカード』とは、一定間隔毎に異なる新しいパスワード(ワンタイムパスワード)を発行し液晶部分に表示する、電子認証機器です。SMBCダイレクトでの振込等の重要な取引の都度、パスワードカードに表示される使い捨てのパスワードを入力しますので、安全にインターネットバンキングをご利用いただけます。
一度使ったパスワードは無効となりますので、万が一第三者にパスワードを盗まれてしまっても、不正に利用されることはありません。

  • パスワードカードはSMBCダイレクトでの不正取引を防止するものであり、暗証番号等の個人情報の漏洩自体を防ぐものではありません。
    パスワードカードをご利用いただいていても、ウィルスやスパイウェアに感染すれぱ、お客さまのパソコンに保管している情報や操作は危険にさらされます。
    安全にインターネットを利用するためには、まず、ウィルスやスパイウェアに侵入されないことが大切です。パソコンはお客さま自身で十分に管理することをお勧めいたします。

パスワードカードについてくわしくはこちら

ソフトウェアキーボードの導入

スパイウェア対策として、ソフトウェアキーボード(画面上のキーをクリックしてIDやパスワードを入力する入力形式)をインターネットバンキング(SMBCダイレクト)に導入しています。
画面情報を盗み取るタイプのスパイウェアに対しても有効な新型のソフトウェアキーボードです。

マウスで操作することで…
キーロガー(キーボードの入力情報を盗み取る)タイプのスパイウェアから防御できます。

キーの配列を毎回変えることで…
マウスの位置情報を盗み取るタイプのスパイウェアから防御できます。

クリックする際にキーの内容を消すことで…
クリックと同時に画面情報を盗み取るタイプのスパイウェアから防御できます。

  • ソフトウェアキーボードは、スパイウェアの完全な対策ではありません。
    その他のタイプのスパイウェア(悪意のWebサイトへ誘導するタイプのスパイウェアや、新しいタイプのスパイウェア等)に対しては、有効な対策とならない場合があることに注意してください。
  • スパイウェアはインターネットバンキングの暗証番号を盗み取るだけでなく、パソコン上の全ての情報や操作が危険にさらされる可能性があります。対策で第一に大切なのは、まず、「スパイウェアに侵入されないこと」です。
  • 身に覚えのない引き出し等、ご不審な点がありましたら、ただちに三井住友銀行にご連絡ください。

取引受付完了のご連絡メール

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)でお取引があったことを、あらかじめご登録いただいている電子メールアドレス宛にお知らせします。万が一不正な操作が行われてもすぐに検知することができます。

ご連絡するお取引

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)による振込、振込先口座の登録・変更、電子メールアドレスの登録・変更、取引受付完了のご連絡メールの設定・解除。

取引受付完了のご連絡メールについてくわしくはこちら