保険選びの基礎知識

戻る

レッスン3“どのくらい”の金額の保障が必要ですか?
- 保障の「金額」がどのくらい必要なのかを試算しましょう。

生命保険は公的な保障を補うもの

万一の死亡や病気・ケガ、または老後についても、公的な保障があります。本来、生命保険とは、公的な保障の不足部分等を補うために加入するもので、必要となるお金のすべてを保険でまかなう必要はありません。

<万一の場合の必要保障額の計算方法>

保障内容から検討する

必要保障額は変化します

必要保障額は、人それぞれ異なります。そして、時間の経過とともに、変化していきます。ご本人さまやご家族さまのライフステージの変化に応じて、必要保障額と保険料の見直しを行ってはいかがでしょうか。

  • 公的保障でまかなわれる分も金額に含まれます。
  • 出所:厚生労働省「平成25年度 国民医療費」

ライフイベントから検討する

生命保険のご相談

インターネットでの資料請求はこちら
(無料)

資料請求

病気やケガに備える医療保険やがん保険等、インターネットで簡単に資料のご請求がいただけます。

窓口でのご相談はこちら
(無料)

店舗検索

ご来店予約サービスはこちら(無料)

ご来店予約サービスはこちら(無料)

店舗検索をしてから、ご来店の予約をしていただくこともできます。一部店舗においては土日・祝日も受け付けております。

  • 土日・祝日はご相談・お手続のみ承っており、実際のお取引は、翌営業日となります。

お電話でのご相談・資料請求

三井住友銀行 保険専用ダイヤル

フリーダイヤル 0120-628-770
(通話料無料)

  • 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    受付時間:毎日9:00〜19:00(12月31日〜1月3日と5月3日〜5日は除きます。)
  • 保険の資料請求・お申込をするには三井住友銀行の預金口座が必要です。

口座開設はこちら(無料)

お電話での資料請求の3STEP