じぶんでえらぶ、iDeCoでそだてる。SMBC個人型プラン

「iDeCo」(イデコ)は個人型確定拠出年金の愛称です。

「iDeCo」とは?

老後のお金を貯めるには時間がかかります。そんな時には積立が効果的!!

「iDeCo(イデコ)」ご紹介動画
大きな税制優遇で話題のiDeCoを動画でわかりやすく解説します!

三井住友銀行ではじめるiDeCo PDF(2,186KB)

個人型確定拠出年金「iDeCo」は、「じぶんでつくるじぶんのための年金」です。

夫婦2人が老後を暮らすために必要なお金

  • 公的年金は厚生労働省「平成28年度の年金額改定について」、老後の平均的な生活費は総務省「平成27年家計調査」(高齢無職世帯・実支出)に基づく。「会社員の場合」については、夫が平均的な収入で40年間就業し、妻が専業主婦であった世帯を想定。

iDeCoなら自分のペースですこしずつ続けられる

確定拠出年金は、「将来」のための資金準備が大きな目的。60歳になるまで掛金をご自身で運用しながら積み立てていきます。
  • はじめる
    掛金はご自身のペースに合わせて金額が設定できます「掛金は毎月定額で拠出する(基本的な取扱)」と「月ごとに掛金額を設定する」のいずれかから掛金の拠出方法を選択できます。
    毎月定額で拠出する場合は、1ヵ月あたりの掛金額は5,000円以上、1,000円単位で設定します。
  • そだてる
    ご自身で商品を選んで運用
    運用しだいで将来の受取額が変わってきます運用成果が受取額に反映されます。
    このため、運用によって資産を殖やすことができる一方で、掛金元本を下回る場合もあります。
  • うけとる
    60歳以降であれば、
    年金または一時金で受け取ることができます最初の掛金拠出から10年を経過していれば、老齢給付金を60歳から受け取ることができます。
    また、70歳までは、すぐに受け取らずに運用を続けることも可能です。

運用期間中、運用商品の価値が一時的に下がったりすることも…

確定拠出年金は積立投資が大きな力に

毎月一定額ずつ運用商品に投資する確定拠出年金では、
商品の価格が高いときは購入できる量は少なくなりますが、
価格が下がったときは多くの量を購入するチャンスになります。

毎月一定額ずつ投資すると…

商品の価格が上がったとき→高値づかみを避ける【少なく購入】商品の価格が下がったとき→【多く購入】多くの量を購入するので値上がりすると運用益が大きく

運用はちょっと…という方は預金だけでもはじめられます

SMBCでiDeCoをはじめる!

もっとくわしく
お知りになりたい方はこちらへ

ご相談・お申込

資料請求はこちらへ

資料請求

「税制優遇」メリットも

iDeCoには、老後のお金を準備するための「メリット」が用意されています。
「はじめる」(掛金拠出)、「そだてる」(運用)、「うけとる」(給付)の
それぞれのステップで、税制優遇があります。

はじめる掛金は全額所得控除
所得税・住民税の負担が軽減

たとえば、年間収入が550万円の会社員が毎月23,000円積み立てると…(注1)

所得税・住民税あわせて約55,000円減少(年間)

iDeCoに加入した場合の所得控除の効果(厚生労働省のウェブサイト)

そだてる運用益はすべて非課税
期間が長いほど複利効果も大きくなります

たとえば、毎月23,000円の掛金を年3%で運用していくと…(注2)

30年後の運用結果 確定拠出年金で運用 約1,331万円 一般の金融商品で運用 約1,205万円 差額約125万円

一般の金融商品で運用(20%課税) 確定拠出年金で運用(非課税)

うけとる年金・一時金は課税対象ですが、「各種控除が適用」されます

たとえば、30年間掛金を積み立てて60歳に一時金で受け取ると…(注3)

最大1,500万円まで税金がかかりません

年金で受け取る場合→公的年金等控除
一時金で受け取る場合→退職所得控除
(注1)
  • 個人型で拠出された掛金は、全額「小規模企業共済等掛金控除」の対象となります。
  • 上記のケースは、扶養家族は配偶者のみとし、所得税と住民税の合計税率は20%で計算。復興特別所得税は考慮せず。年収等に応じて、税負担の軽減額は異なります。
(注2)
  • 一般の金融商品は、運用益に対して毎年20%源泉分離課税されるものとして計算。
  • 手数料、特別法人税、復興特別所得税等は考慮していません。
  • 確定拠出年金では、積み立てた年金資産に対して特別法人税が課税されますが、現在は凍結中でかかりません。
(注3)
  • 確定拠出年金では、「掛金払込期間」を「勤続年数」に置き換えて退職所得控除額が計算されます。複数の退職所得があって、対象となる期間が重複する場合は、勤続年数が調整されます。
  • 上記のケースは、次の計算式に基づき計算(70万円×(30年−20年)+800万円=1,500万円)。
  • 他の退職所得がなく、確定拠出年金の一時金のみを受け取った場合を想定。

上記のメリットは、一定の前提に基づき計算された参考値です。実際の取扱は税理士等にご相談ください。

1年開始が遅れれば、1年分の税制優遇がうけられないことに… 「気付いた人は、はじめてる!さあいまからはじめよう!」

SMBCでiDeCoをはじめる!

もっとくわしく
お知りになりたい方はこちらへ

ご相談・お申込

資料請求はこちらへ

資料請求

三井住友銀行が選ばれる理由

三井住友銀行ならではの安心感とおもてなし
「SMBC個人型プラン」

理由 その1全国の窓口で相談できる

老後資産を準備する際は、『iDeCo』だけではなく、NISAや個人年金保険なども選択肢に含まれます。お客さまのライフプラン、マネープランにあわせて、お客さまをしっかりサポートいたします。

  • 出張所、コンサルティングオフィスおよび法人向けの事務サービス専門支店等を除きます。

理由 その2加入後の充実したサポート

加入後のインターネット、コールセンターサポートはとても大切です。
外部評価において、ともに最高評価の三つ星を獲得しており(下部参照)、加入後も充実したサポート体制。また、定期的に加入者向けセミナーを開催するなど、加入者さまへ継続的な情報提供をいたします。

インターネットサイトでは、資産残高や評価損益の確認!! 他にも使いやすい機能がいっぱい

商品ウォッチ気になる投資信託をチェックしよう!

いま保有している商品と気になる商品の実績を確認することができます。
運用指図のご参考に。

メール配信サービスお金にまつわる情報をPUSH配信
J-PECのお届けDC
メールを登録しておけば、押えておきたい情報を毎月定期的にお届けします。
〜年金小噺、ピックアップ、マーケット状況など〜
マーケットアラート
相場に動きがあった時、あらかじめ設定した値を超えるとお知らせします。
〜運用状況の見直しのきっかけに〜
読み物サイト内にもタイムリーで豊富な情報がたくさん
シミュレーション
(試算する)目的にあわせて使えるツールをご用意

老後資金の準備を始めたり、運用プランを立てる上でお役立ていただけるように、様々なシミュレーション機能を用意!

「老後資金がどのくらい必要か知りたい!」
「将来の収支状況を詳しく試算したい」
「毎月どのくらい積み立てたらいいの?」
「自分に合った運用プランが知りたい!」
「老後資金を取り崩していったら、
何歳まで受け取れるんだろう?」など

外部評価において最高評価の三つ星を獲得

問合せ窓口
(コールセンター)
3 Stars Customer Service HDI-Japan 2018
WEBサポートポータル
3 Stars Support Portal HDI-Japan 2018

HDI-Japan(ヘルプデスク協会)による格付審査

SMBC個人型プランでは、個人型確定拠出年金の各種サービス(インターネットサイト、コールセンター)をジャパン・ペンション・ナビゲーター株式会社(略称 J-PEC ジェイペック)が三井住友銀行とともにご提供いたします。ジャパン・ペンション・ナビゲーター株式会社は、三井住友銀行が出資する確定拠出年金専業の会社です。

理由 その3はじめてでも選びやすい商品ラインアップ

運用商品は、各カテゴリー、運用タイプを網羅した25本の商品で構成。
資産配分を自動で調整してくれる変動型のバランス型ファンドや主要な資産に信託報酬が低いインデックスファンドをラインアップしています。

「おまかせ」の商品で分散投資をはじめてみるなら:「バランス型投資信託」は、あらかじめ複数の異なる投資対象(株式や債券など)を組み合わせて、ひとつにパッケージした運用商品。いわば、さまざまな投資信託の”セレクトパック”といえます。
ひとつずつ商品を選んで組み立ててみるなら:「国内債券」、「外国株式」など、特定の投資対象で構成された商品を、ご自身で選んで分散投資を実践する方法です。いわば“単体商品”を自由に組み合わせていくのがこちらです。

運用商品選びのヒント

個人型確定拠出年金にご加入の際は、手数料をご確認ください。

(金額はすべて消費税込)

お申込時 運用期間中(毎月定額で拠出する場合) 給付金
加入者(拠出者) 運用指図者
2,777円 毎月422円(年間5,064円) 年間3,828円 給付のつど432円
  • 上記のほか、掛金相当額の還付金があるときは、還付のつど手数料(1,461円)がかかります。
  • 掛金の拠出がある場合は「加入者(拠出者)」、運用のみ行う場合は「運用指図者」となります。
  • 「掛金は毎月定額で拠出する(基本的な取扱)」と「月ごとに掛金額を設定する」のいずれかから掛金の拠出方法を選択できます。掛金の拠出方法によって、お手続や手数料の負担額が異なりますので、あらかじめご注意ください。

ご相談・お申込方法

SMBCでiDeCoをはじめる!

iDeCoは、早く始めた人ほど税制優遇が多くなる仕組み。手続きは面倒… 運用が不安… どうしたらいいのか… でも…気付いた人は、はじめてる!将来のじぶんのために、さあいまからはじめよう!

くわしくは、スターターキットおよび申込書類等でご確認ください
SMBC個人型プランの資料請求およびお問い合わせはこちらまで

スマートフォンをお持ちの方は、QRコードをご利用ください。

店舗
三井住友銀行の本支店窓口※出張所、コンサルティングオフィスおよび法人向け事務サービス専門支店を除きます。
電話
J-PECコールセンター
(SMBC担当)
月〜金 9:00〜21:00/土日 9:00〜17:00(通話料無料)
祝日・12月31日〜1月3日をのぞく。また、土日はシステムメンテナンスによりご利用できない場合があります。携帯電話・PHSからのご利用いただけます。
フリーダイヤルをご利用いただけない場合は、03-3516-8815(通話料有料)におかけください。

ご注意ください

  • 確定拠出年金は加入者のみなさま一人ひとりが自己責任で運用する年金制度です。運用成績によって、年金資産額が掛金や移換金の総額を下回る場合があります。
  • 運用の実績が将来の年金額に反映されます。将来の年金受給額は定まっていません。
  • 中途での解約・引き出しは原則できません。
  • 三井住友銀行で取り扱いしている個人型確定拠出年金は「SMBC個人型プラン」です。
  • 事務費等の手数料は加入者が負担します。
  • 個人型確定拠出年金で掛金を拠出される場合、加入者資格を満たしている必要があります。