株式(金融商品仲介)

戻る

  • 三井住友銀行の金融商品仲介業務はSMBC日興証券を委託元としており、お客さまのお取引の相手方はSMBC日興証券となります。
  • 三井住友銀行では、金融商品仲介業務として新規公開株式(IPO)、公募・売出し(PO)等の株式をお取り扱いしております。

新規公開株式(IPO)/公募・売出(PO)とは?

「新規公開:IPO(Initial Public Offering)」とは、非上場・未公開の企業が株式等を証券取引所(株式市場)に上場(公開)させることをいいます。株式公開に際しては、通常、新規資金を調達するために発行した新株や、既存の株主が保有している株式などの売却が行われます。これにより広く一般の投資家がその企業の株式を保有することができ、証券取引所で自由に売買ができるようになります。
「公募(募集)・売出し:PO(Public Offering)」とは、すでに上場している企業が、増資などで発行した新株や、大株主などがまとめて保有している株式を、広く一般の投資家を対象に売却することをいいます。

株式投資の魅力

株式投資の魅力は主に以下のようなものがあります。

株式投資の魅力:値上がり益、配当金、株主優待、議決権

株式の値上がり益(キャピタルゲイン)

株価の変動

上場株式の株価は、投資家の会社に対する評価が上がると株価は上昇し、逆に会社の評価が下がると株価は下落します。購入したときの株価よりも売却したときの株価が上昇していた場合、差額が値上がり益として投資家の利益になります。

配当金(インカムゲイン)

企業活動によって生まれた利益の一部が株主に還元されたものを「配当金」といいます。配当金は、企業によって支払われる金額や、支払われる回数などが異なります。また、まったく配当を行わない企業もあります。

株主優待

企業が株主に対して、その持株数に応じて、自社製品や優待券などを無償で還元することを「株主優待」といいます。企業独自のサービスなどを株主優待として提供する企業もあり、株主優待を目的として企業に投資をする株主もいます。株主優待の回数や内容については各企業によって異なり、また年度ごとに変更する企業もあります。

経営参加権

株主は、企業の重要な経営方針を決定する株主総会に出席もしくは議決権行使の提出をすることで、決議に参加できる議決権を持っています。株主になるということは、資産運用という目的だけでなく、議決権の行使を通じて、「企業の経営へ参加する権利」を持っているということになります。

株価変動の仕組み

上場企業の株式は、株式市場である証券取引所において売買されます。投資家は証券会社を通じ、株式市場に買い注文、売り注文を出すことになりますが、一般的に売りたい人より買いたい人が多いときは株価は上昇します。反対に、買いたい人よりも売りたい人が多いときは株価は下落します。このような関係を需給関係といい、この需給関係は投資家からの企業に対する期待を表すものと考えられます。

株式変動のしくみ:株を買いたい人が多い場合、株価は上がる
株式変動のしくみ:株を売りたい人が多い場合、株価は下がる

株価変動の要因

株価の変動に影響する要因はさまざまなものがありますが、主な要因としては、4つ考えられます。

株式変動の要因:経済的要因(金利、為替、景気動向)、社会的要因(政策、社会情勢、戦争、災害)、株式市場の要因(投資家の売買同行、市場の取引規制)、個別要因(業績、財務内容、将来性(新商品開発、ヒット商品など))

株式投資のリスク

株式投資にはリスクも伴います。リスクを理解した上で取引することが必要です。主なリスクは以下の通りです。

株価変動リスク 株式は、国内外の景気や経済、社会情勢の変化、株式の発行体の業績、株式市場の需給関係など、さまざまな要因で株価が上昇したり下落したりする可能性があります。そのため、損失を生じるおそれがあります。
信用リスク 株式の発行体の財務・経営状況を含む信用状況の悪化や、それが予想される場合に、株価が下落し損失を生じるおそれがあります。最悪の場合、経営破綻などを理由に株式が無価値になってしまうおそれもあります。
流動性リスク 売買高が少ない株式の場合、売却をする際に希望する価格で売却できず、不測の損失を被るおそれがあります。また、売買高が極端に少なくなることで取引が成立せず、売りたいときに売れない可能性があります。
店舗でお取り扱いする金融商品仲介(新規公開株式/公募・売出し)に関する留意点開く