投資信託の特徴 その3

戻る

銀行預金とはどこが違う?

投資信託は銀行預金とは全く異なるしくみ、特徴を持つ金融商品です。特に、運用リターン(利益・損失)の点において、元本保証のある銀行預金と、大きく異なります。
以下のように、投資信託は多くの点で定期預金とは異なる特徴をもっています。この違いが「貯蓄」と「投資」の違いといえるかもしれません。このことを理解したうえで投資を行いましょう。

投資信託と定期預金の違い

  定期預金 投資信託
元本の保証は? 元本は保証されています。 元本保証はされていません。元本割れする可能性があります。
預金保険の対象? 対象となります。 対象外です。
利息(分配金)の受取方法 あらかじめ決められた利率に基づく利息を受け取ります。 運用成果に応じて収益分配金を受け取ります。(運用状況によっては、収益分配金が支払われない場合があります。分配しない投資信託もあります。)
手数料は? 取扱手数料はかかりません。 通常はお申込時にお申込手数料がかかります。また、運用期間中は運用にかかわる各会社への報酬(信託報酬)等が信託財産から差し引かれます。換金時に手数料や信託財産留保額がかかるものがあります。
個人の場合の税金は? 利息に対して20.315%の源泉分離課税となります。 分配時の分配金(注)および換金(解約)時、償還時の譲渡益については20.315%の税金がかかります。

  • (注)国内公募株式投資信託の場合は、普通分配金にのみ課税され、元本払戻金(特別分配金)は非課税です。
  • 平成28年1月現在の税制です。今後の税制改正に伴い、変更されることもありますのでご留意ください。税金に関しては専門家にご相談ください。

次は 投資信託のリスクとリターン

関連情報

マーケット情報
マーケット情報
主要株価指数、外国為替、国債利回り、金・原油等のマーケット情報が確認できます。
用語集
難しい投資信託用語をわかりやすく解説します。
よくあるご質問
投資信託に関する質問はこちら。

投資信託のご相談・お申込

インターネットバンキング
(SMBCダイレクト)ご契約のお客さま

インターネットバンキング
ログイン

普通預金口座をお持ちでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)未契約のお客さまは、利用登録(無料)が必要です。

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトではご利用いただけません。
SMBCダイレクトの全てのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

ネット専用ファンドについて、ご不明な点がございましたら、下記にてご案内しております各運用会社のコールセンターへご照会ください。

ネット専用ファンドご照会先はこちら