投資対象を選ぶ その3

戻る

株式に投資するということは?

株式は、一般企業が投資家から資金を調達するために発行します。「株式に投資する」ということは企業に出資をする(会社の一部を買う)ということと同様の効果が期待できます。

投資家は株式会社へ資金を提供し、株式会社は株券を発行(株式公開時)・配当を投資家に提供します。上記は投資対象の一般的なイメージであり、全てを網羅し説明しているものではありません。

株式の特徴

値上がり益が期待できる

株式投資の大きな魅力は、値上がり益です。
預貯金や債券投資にはない大きな収益が期待できます。
経済や企業の業績を反映して株価は形成されます。

値上がり以外の楽しみがある

値上がり益以外にも、配当による収入や投資した企業の「株主優待」といった楽しみもあります。

インフレに強い傾向

株式は預金・債券に比べ、物価動向への反応が一般的に強く、インフレに強い傾向があります。

株価の変動要因

株価変動リスク

  • 企業業績や景気動向によって、株価は大きく変動します。一般的に、株価変動リスクは債券と比較し大きくなります。
  • 一般的に、企業業績と株価の間には、「業績が上がると株価も上がる」、「業績が下がると株価も下がる」という関係があります。
  • 上記以外にもさまざまな理由で株価は変動します。上記のケース、価格変動の要因は一般的なものを示しており、必ずしも上記のようにならない場合もあります。

株式に投資するファンドにはこのような種類があります

アクティブ運用とインデックス運用とは?

株式ファンドの運用方法は大きく分けて、「アクティブ運用」と「インデックス運用」の2つがあります。
「アクティブ運用」は、企業の調査を行い運用銘柄を選択して、ベンチマークよりも高いパフォーマンスを出すことを目標に運用します。また、「アクティブ運用」のなかには、将来の成長が期待できる企業の株式に投資する「グロース型」や、株価が企業価値に対して割安と判断される株式に投資する「バリュー型」等があります。
一方、「インデックス運用」は、日経平均株価やTOPIXといった株価指数に連動することを目指して運用します。

次は 【その4】リートに投資するということは?

関連情報

マーケット情報
マーケット情報
主要株価指数、外国為替、国債利回り、金・原油等のマーケット情報が確認できます。
用語集
難しい投資信託用語をわかりやすく解説します。
よくあるご質問
投資信託に関する質問はこちら。

投資信託のご相談・お申込

インターネットバンキング
(SMBCダイレクト)ご契約のお客さま

インターネットバンキング
ログイン

普通預金口座をお持ちでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)未契約のお客さまは、利用登録(無料)が必要です。

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトではご利用いただけません。
SMBCダイレクトの全てのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

ネット専用ファンドについて、ご不明な点がございましたら、下記にてご案内しております各運用会社のコールセンターへご照会ください。

ネット専用ファンドご照会先はこちら

投資信託に関する留意点開く
毎月分配型投資信託の留意点開く
通貨選択型投資信託の留意点開く