投資地域を選ぶ その1

戻る

国内投資と海外投資の違いは?

最も大きな違いは、海外投資は外国為替相場の変動の影響を受けることです。

国内のみ

投資信託の値動きは主に国内の株式市場や債券市場の影響を受けます。

海外

投資信託の値動きは主に投資対象となる地域の株式市場や債券市場、為替相場の影響を受けます。複数の国や地域に投資する場合は分散効果を期待できます。

海外へ投資する投資信託の場合、円建ての商品と外貨建ての商品とがあります。

円建てと外貨建ての違い

投資信託の購入・解約・買取 分配金の受取
円建ての商品の場合 日本円での取引 日本円での受取
外貨建ての商品の場合
(米ドル、ユーロ等)
米ドルやユーロ等外貨での取引 米ドルやユーロ等外貨での受取(日本円での受取を選択することもできます)

外貨での取引や受取の場合、どんなことに気をつければいいんだろう…

外貨建ての商品の場合、円貨から外貨、外貨から円貨へ交換する際の外国為替相場の動向がポイントとなります。

外国為替相場の主な変動要因

外国為替相場は円やドル等の各国通貨の取引相場です。外国為替相場は、市場における需要と供給のバランスによって決まりますが、経済格差、金利格差、政治的要因等、さまざまな事象が絡みあって外国為替相場は変動します。

景気においては好不況や景気格差が、政治においては要人発言や介入が、株式では株価の上昇・下落が、債券では金利の上昇・下落が、突発事象においては戦争や災害が、物価においてはインフレ・デフレが、それぞれ為替変動の要因となります。

  • 上記の為替変動要因は一般的なものを示しており、上記以外にもさまざまな理由で為替は変動します。

為替変動リスク等

投資している国の通貨が円に対して強くなれば(円安になれば)為替差益が生じ、逆に、円に対して弱くなれば(円高になれば)為替差損が生じ、元本割れが生じるリスクがあります。

1ドル100円からドル高円安で1ドル120円になれば円資産の上昇要因に、ドル安円高で1ドル80円になれば円資産の下落要因となります。

通貨を交換する際には為替手数料がかかります。外国為替相場に変動がなくても、円貨から外貨へ交換するレート(TTSレート)と外貨から円貨へ交換するレート(TTBレート)には差(たとえば米ドルの場合2円)がありますので、この差により元本割れが生じるリスクがあります。

円貨から外貨へ、外貨から円貨へ交換する際のレート。為替レート(仲値)が110円の場合では、円貨から外貨に交換する場合(TTSレート)は米ドルならプラス1円の1ドル=111円になり、外貨から円貨に交換する場合(TTBレート)は米ドルならマイナス1円の1ドル=109円となります。

そうか、為替手数料も考えて、円貨と外貨を交換するタイミングを見きわめなきゃな・・・

次は 【その2】先進国と新興国の違いは?

関連情報

マーケット情報
マーケット情報
主要株価指数、外国為替、国債利回り、金・原油等のマーケット情報が確認できます。
用語集
難しい投資信託用語をわかりやすく解説します。
よくあるご質問
投資信託に関する質問はこちら。

投資信託のご相談・お申込

インターネットバンキング
(SMBCダイレクト)ご契約のお客さま

インターネットバンキング
ログイン

普通預金口座をお持ちでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)未契約のお客さまは、利用登録(無料)が必要です。

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトではご利用いただけません。
SMBCダイレクトの全てのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

ネット専用ファンドについて、ご不明な点がございましたら、下記にてご案内しております各運用会社のコールセンターへご照会ください。

ネット専用ファンドご照会先はこちら

投資信託に関する留意点開く
毎月分配型投資信託の留意点開く
通貨選択型投資信託の留意点開く