投資地域を選ぶ その2

戻る

先進国と新興国の違いは?

海外に投資する投資信託の場合、投資する国・地域によっても、リターン・リスクは異なるようです。これを一般にカントリーリスクと呼びます。カントリーリスクとは、投資する国・地域における、政治や経済等の変化によって証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、そこに投資した資産の価値が変動する可能性のことをいいます。

先進国と新興国の違い

先進国 新興国(エマージング諸国)
北米、EU諸国等 アジア、中南米諸国等
先進国の政府・政府機関が発行するソブリン債や企業が発行する社債・株式は、新興国の債券や株式と比較して、リターンが小さくなる傾向がありますが、一般的に値動きも安定していて、リスクも小さくなります。 今後高い経済成長が期待される新興国の政府・政府機関が発行するエマージング債や企業が発行する社債・株式は、積極的にリターンが追求できる一方で、リスク(リターンの変動幅)も大きくなる傾向があります。

カントリーリスク

  • 上記はあくまで一般的な例であり、実際のリスクやリターンの数値について、保証するものではありません。

最近、BRICs(ブリックス)諸国という言葉を聞くけど・・・

BRICsは、ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の頭文字をあわせた4ヵ国の総称で、いずれも経済発展が著しい新興大国として注目を集めています。

BRICs諸国の主な特徴

ブラジル ロシア
豊富な天然資源を有し、特に鉄鉱石の輸出量は世界最大で、鉱産資源の価格高騰が経済成長を支えています。また、次世代エネルギーとして注目されるバイオエタノールの生産量も世界最大です。 広大な国土を背景に、世界最大の埋蔵量を誇る天然ガスをはじめ、原油、石炭、鉄鉱石等の埋蔵量もトップクラスです。エネルギー・資源の需要拡大とともに経済成長のスピードを速めています。
インド 中国
世界2位の人口を有し、しかも今後も労働世代(15〜64歳)の割合の増加が見込まれています。インフラの整備は不十分ですが、逆に、今後の整備が経済成長のポイントになると言われています。 世界最大の人口を背景に、これまで安い労働力を生かして、「世界の工場」として屈指の経済成長を達成してきましたが、今後は「世界の消費市場」としても世界経済に大きな影響を持ちつつあります。

(2009年10月現在)

次は 値動きを確認する

関連情報

マーケット情報
マーケット情報
主要株価指数、外国為替、国債利回り、金・原油等のマーケット情報が確認できます。
用語集
難しい投資信託用語をわかりやすく解説します。
よくあるご質問
投資信託に関する質問はこちら。

投資信託のご相談・お申込

インターネットバンキング
(SMBCダイレクト)ご契約のお客さま

インターネットバンキング
ログイン

普通預金口座をお持ちでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)未契約のお客さまは、利用登録(無料)が必要です。

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトではご利用いただけません。
SMBCダイレクトの全てのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

ネット専用ファンドについて、ご不明な点がございましたら、下記にてご案内しております各運用会社のコールセンターへご照会ください。

ネット専用ファンドご照会先はこちら

投資信託に関する留意点開く
毎月分配型投資信託の留意点開く
通貨選択型投資信託の留意点開く